ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

2007年7月20日付け

 日本から来伯した二期会会員の森敬恵さん、吉川健一さん、長谷川忍さんが「よみがえれ!日本の心コンサート」を十五日に文協大講堂で開催した。日本会議が主催、歓迎会も西林万寿夫総領事はじめブラジル日系団体関係者代表が出席し、盛大だった。
 その場で同会議の職員に質問した男性がいた。男性が「今日は日本(にほん)会議の人たちが空港へ迎えに」と言った瞬間に、職員に「にほん会議?違うよ日本(にっぽん)だよ。間違えないで」と言い直された。
 職員は「なんで統一しないのかな?にっぽんとにほん、絶対おかしいよ」と「にっぽん」という言葉を強調。何人たりとも「にほん」と言わせないという雰囲気で去っていった。
 本来どっちも正しいと思うが……。ともかく、もし日本会議と言うときは注意して「にっぽん」と言おう。  (栗)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 南青協=『それぞれの50年』刊行=半世紀の生き様を収録2015年6月16日 南青協=『それぞれの50年』刊行=半世紀の生き様を収録  ブラジルの辺境に開拓を挑んだ南米産業開発青年隊員326人全員が着伯50余年を迎えたことから、同青年隊協会(渡邉進会長、会員150人)がこのほど記念誌『それぞれの50年』(360頁、80レアル)を刊行した。約50人の隊員の手記が中心。5年の歳月を経て完成した。  […]
  • ブラジル文学に登場する日系人像を探る 7…東洋街生まれの「フジエ」…中田 みちよ=第1回=意思表示する戦後日系女性2013年5月21日 ブラジル文学に登場する日系人像を探る 7…東洋街生まれの「フジエ」…中田 みちよ=第1回=意思表示する戦後日系女性 ニッケイ新聞 2013年5月21日  「フジエ」では、日系人を親友にもったガイジンの目を通して、戦後の日系社会を垣間見ることができます。柔道、邦画館、そして写真館。これまでものすごく無愛想か、でなければニコニコ笑ってばかりいた日系娘が、この小説では意思表示をするようになり、それ […]
  • バイーア州=ロゼンドさん114歳を祝う=144人の子孫に囲まれ2016年4月8日 バイーア州=ロゼンドさん114歳を祝う=144人の子孫に囲まれ  バイーア州内陸部バレイラス市からさらに30キロ離れたサンミゲル農場は2日、祝祭ムードに包まれた。〃1世紀おじいちゃん〃と親しみをこめて呼ばれるロゼンド・リーノ・デ・ソウザさんが114歳の誕生日を迎えたのだ。 元農家のロゼンドさんの身分証にはしっかりと1902年4月2日生まれと […]
  • アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)2015年10月14日 アーリョ・ショウナン裏話=炉辺談話=荒木桃里=(9)  林田は何か猪瀬に耳打ちをしていた。猪瀬の目が眼鏡ごしにきらり光った。職業柄、この連中は鹿を追う漁師に似ている。「見せてくれ」というのである。宴の乱れた会場を抜け出した一行は、小楠の農場に向った。 納屋の一隅には、売れ残った二百キロのアーリョが茎をしばって吊るしてあった。技師は […]
  • 第55回海外日系人大会の歓迎交流会に出席された皇太子さま=22日夕、東京・永田町の憲政記念館(共同)2014年10月24日 海外日系人大会=皇太子殿下が交流会ご出席=にこやかに来場者へ声かける  【共同】皇太子さまは22日午後、東京・永田町の憲政記念館で開かれた第55回海外日系人大会の歓迎交流会に出席された。 大会は海外で暮らす日系人の労をねぎらい、国際親善を図ることを目的として1957年に第1回が開かれ、62年からは毎年開催している。今回は米国やブラジルなどから […]