ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年4月21日付け

 保健省が実施する季節風邪の予防注射キャンペーンで、高齢者向けの予防接種開始が、4月24日から5月8日に延期されることになった。その理由は、同省が管轄する新型インフルエンザ予防接種実施との兼ね合いで、季節風邪用のワクチン供給が遅れたため。南東部、北東部、中央西部の17州で変更が行われる。通達によると、新たな季節風邪予防接種期間は21日までの2週間。新型インフルエンザのみに気を取られず、こちらも逃さずに予防を。
     ◎     
 4月1週目の運行開始が延期されていた地下鉄4号線(黄色線)が、ついに始動か―。サンパウロ州地下鉄公社によれば、新しく開設するファリア・リマ~パウリスタ駅間で、試験運行時間がラッシュアワーを避けた午前9時から午後3時に設定された、と20日付エスタード紙が報じた。最初の6カ月は利用状況を確認しながら、限定した時間帯での運営となるようだ。しかし、いまだ運行開始日は定まっていないとか。4月末の始動開始に間に合うのかは疑問?
     ◎
 サンパウロ市のセー区域にイペーの木が溢れる? 20日付エスタード紙によれば、チエテ川沿いのノーヴァ・マルジナル設置に伴う樹木消失を補うためで、セー区域の24の通りに400本の黄と紫のイペーを植えるほか、べラ・ビスタ、バーラ・フンダ区の道路沿いにも88本の植樹計画が出ている。環境保護団体の支援を得て、すでにレプブリカ区のレゴ・デ・フレイタス街から始められた。同時に、同区域の環境整備も期待できる?
     ◎
 リオ市警察が20日、コルコバードのキリスト像に落書きした容疑者2人の顔写真を発表。行方不明のパトリシアはどこ? などと書かれた落書きの主は一体何者か。

image_print

こちらの記事もどうぞ