ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月29日

 聖南西大会を勝ち抜いた力士は州選手権、そして全伯大会に挑む。さらには南米大会があり、最終目標の世界大会が待っている。今年は10月に台湾で行われる予定だとか。青年の部で言えば軽量、中量、重量の3階級から2人ずつ、計6選手が選抜されるとのこと。世界大会では、当然日本勢の活躍があるのだろうと思いきや、UCES相撲部員曰く「ロシア、モンゴル勢が強い。欧州各国の選手は体重が200キロ弱と大柄ばかり」。「技術では日本が1番、次いでブラジルあたりか」と言うが、れっきとした体格差に苦しんでいるのは確かなよう。

     ◎

 洒落たホテルでのもてなしを受ければ、誰でも優雅な気分になれるもの。インターコンチネンタル・ホテルズ・グループが世界各国の旅行者7千人を対象に実施した調査によれば、個人向けに用意されたサービスを期待する顧客が増えているという。特に中国、ブラジルなど新興国からの旅行者の要求が高いとか。経済発展に伴い国外旅行を満喫しているブラジル人たち。ぜひとも世界の一流サービスを経験し、当地に導入してほしいもの。

     ◎

 当地でも相次いで開かれた新年会。先週末は、カナダのトロント日系社会も盛大に「お正月会」を開催したという。サイト「e-Nikka」によれば、餅つき、よさこいソーラン、書き初め、古典舞踊に囲碁・将棋…と当地も共通の催しが盛りだくさん。しかしトロントでは、さらに先着百人の子どもにお年玉をプレゼント、獅子舞や女神輿まで登場して会場を盛り上げたとか。お祭り好きのブラジル人にも受けそうな予感。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選2015年7月23日 ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選       サント・アンドレー  宮城あきら この年も古本市に通いきて安き良き書を求め楽しむ古りし書の輝く文字懐かしき『啄木全集』買いて帰るも手に取ればたった二ヘアイスの哲学書済まないような握り出しの心地開き見れば南樹の署名滲み古りて時の移りを痛く思いきコロニアの知性ざわ […]