ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年4月2日

 メンサロン裁判で有罪となった受刑者の中には、実刑が8年を下回ったことで昼間外出(セミ・アベルト)が認められ、その間に勤務している人もいるが、共和党(PR)元党首のヴァルデマール・コスタ・ネット氏をはじめ、何人かの受刑者に規定違反が見られているという。規則では「職場から100メートルの範囲内」と決められているのに、19キロ離れたところに食事に行ったり、職務とは関係ない教会に行ったりしている受刑者がいる。コスタ氏に関しては、元党首ということもあり、PRのリーダー格が職場に頻繁に現れ、政党の指南をしているという。監視強化の必要ありか。

市警の殺人課(DHPP)は、サンパウロ市中央部セー広場とコンソラソンで発見されたバラバラ殺人事件被害者の顔面の復元作業が終了したと発表した。復元作業は、3月27日に発見された頭部の写真をもとに行われた。セー広場の防犯カメラに映っていたプラスチックの袋を持って歩いていた不審な男性についても、男性を殺害した疑いがあるとして身元の割り出しを行なうとしている。謎の真相を解く第一歩だ。

水位が下がりつづけるばかりのカンタレイラ水系だが、3月の雨量は193・3ミリを記録し、3月の平均降水量を上回った。平均降水量以上の雨が降ったのは2013年7月以来8カ月ぶりのことで、降水量の多さでは249ミリを記録した13年2月以来、1年1カ月ぶりの記録だ。これだけの雨が降っても水位は下がるのだから、年末年始の少雨が恨まれる。一体どれだけの雨が降れば解消するのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年2月26日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年2月26日  サンパウロ州保安局が24日に発表したデータによると、今年の1月は昨年同月に比べ強盗事件が大きく増加したという。州内は32・48%、サンパウロ市内ではもっと悪く、41・77%の増加となった。サンパウロ市の強盗多発地区ワースト3は、カンポ・リ […]
  • 東西南北2013年12月6日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月6日  メンサロン事件の主犯として服役中ながらも昼間外出許可を活かす形での労働を望み、ブラジリアのホテルから月給2万円で働く契約を交わして世間を驚かせたジョゼ・ジルセウ氏。現在、裁判所の許可待ちの状態だが、刑執行裁判所は許可を出さないであろうと言わ […]
  • アウキミン=公開質問でサンパウロ州の問題語る=「給水制限は行なわない」=サンパウロ市地下鉄に対しては?=連邦政府に対する批判も2014年8月6日 アウキミン=公開質問でサンパウロ州の問題語る=「給水制限は行なわない」=サンパウロ市地下鉄に対しては?=連邦政府に対する批判も  ジェラウド・アウキミンサンパウロ州知事(民主社会党・PSDB)が4日、エスタード紙主催の公開質問会に出席した。その席で同知事はカンタレイラ水系の水不足に伴う大サンパウロ市圏での給水制限の可能性を改めて否定、サンパウロ市地下鉄のカルテル問題やサンパウロ州での犯罪問題などにつ […]
  • ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三 2019年1月29日 ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 サンパウロ市在住 田中禮三   新年に、退役大佐ボウソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作 […]
  • 在りし日のセウソ・ダニエル氏(ウィキペディアより)2014年12月18日 SA市長殺人事件=ソンブラ容疑者の裁判無効に=最高裁判事らの投票で=事件から12年で振り出しに=「計画首謀者説」は揺らぐか  連邦最高裁は16日、2002年1月に起こった、大サンパウロ市圏サントアンドレ市長(当時)のセウソ・ダニエル氏(労働者党・PT)の殺人事件の首謀者と目された企業家のセルジオ・ゴメス・ダ・シウヴァ(通称・ソンブラ)容疑者の要請で、同事件に関して行われた裁判を無効とする判断を下 […]