ホーム | コラム | 樹海 | 「2枚目の特別小切手」という致命的な環境破壊

「2枚目の特別小切手」という致命的な環境破壊

 先週から降り始めたが、サンパウロ市民800万人の〃水瓶〃カンタレイラ水系の水は圧倒的に足りない状況だ。現在は底水のさらに底、第2水域からくみ上げている▼専門家は「1枚目を返さないうちに、シェッキ・エスペシャル(特別小切手)の2枚目を切っているのと同じ。元金を返すどころか、利子払い(環境破壊)だけでヒドイことになる」と警告する。人の飲み水のために、川底までくみ上げて生態系を破壊している▼某連邦下議の補佐官から「今年初めまで6千レアルで井戸を掘ると売り込んできた同じ業者に、最近値段を聞き直したら4万レアルと言うから驚いた」と聞いた。水不足が続くと見込んだ先見性のあるレストラン等の企業家から続々と頼まれ、引く手あまたになっているので、井戸掘り料金が高騰しているとか▼サンパウロ市内でもあちこちで事実上、夜間断水している地域がある。件の補佐官は「PSDBの政治家は絶対に公には言わないけど、仲間内では足りなくなると皆断言している」と漏らす。アウキミン州知事は選挙前「断水は絶対にない」と断言していたが、選挙後ようやく水道局責任者が「水不足」を認めるようになった▼専門機関は数年前から水不足になる可能性を警告しており、為政者が対策を後回してきたことによるツケ、政治的失策が今現れている。「飲み水がなくなる」だけでなく、農業生産物、工業生産にも直結する。水力発電にも頼れなくなることを意味するから電気代も上がる▼料理、お風呂、トイレ、植木の水遣りもそうだ。シャワーや皿洗いにしても流しっぱなしは禁物。一人一人が水を大事にすることから対策は始まる。けっして人事ではない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • カンタレイラ水系のジャグアリ貯水池(Luiz Augusto Daidone/Prefeitura de Vargem)2015年1月24日 大サンパウロ市圏=水不足の影響多方面に=過剰消費の追徴金上昇か=消えぬ給水制限の可能性  サンパウロ州の水不足は、各水系の貯水量低下や水道代の上昇にとどまらず、断水や給水制限の可能性の高まり、電力問題まで、複合的な影響を引き起こしていると、23日付伯字各紙が報じている。 サンパウロ州水道公社(Sabesp)新総裁ジェルソン・ケルマン氏は21日付フォーリャ紙で、 […]
  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?2017年12月8日 アウキミンは「ブラジル政界の徳川家康」か?  来年10月の大統領選挙は、汚職裁判で出馬失格の危険性のある中、国民の圧倒的な支持率を元に突っ走る元大統領のルーラ氏(労働者党・PT)と、「反ルーラ、反PT」の支持を集める極右候補のジャイール・ボルソナロ氏の一騎打ちのような様相を現時点では見せている。だが、まだ選挙本番 […]
  • 《ブラジル》民主社会党のアエシオ氏が米国口座で賄賂受け取り?=ヴェージャ誌がスクープ=深刻化するデラソン漏洩問題=大統領候補選びも混沌化2017年4月4日 《ブラジル》民主社会党のアエシオ氏が米国口座で賄賂受け取り?=ヴェージャ誌がスクープ=深刻化するデラソン漏洩問題=大統領候補選びも混沌化  1日発売の「ヴェージャ誌」上で、オデブレヒト・グループ元幹部がラヴァ・ジャット作戦(LJ)での報奨付供述(デラソン・プレミアーダ)で、民主社会党(PSDB)党首で同党の14年大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス氏に賄賂を払ったと語ったことが暴露され、波紋を投げかけている。 […]
  • カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者2016年12月29日 カンタレイラのボンベ、北東部へ=サンパウロ州の水危機救った立役者  ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事は26日、水不足対策として、貯水池の取水口より低い位置にあり、通常は利用できない予備の水(未開の水域)の水を吸い上げるために設置したポンプを、干ばつに悩む北東部のパライバ州とペルナンブッコ州での水不足解消のために貸し出す契約を締結し […]