ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 福岡県の外国人労働者が昨年10月時点で約2万人に達し、届け出が義務化されてから過去最高となったとか。NETIBニュースが報じた。労働者の最多は中国人だが、ブラジル人も多くが製造業に携わっているようだ。6日付け本紙で詳報したように同県は、県人会のある国々に青年を派遣する交流事業を今年から開始するなど、国際交流に力を入れている。日本で民族排外主義傾向が強まっているだけに、外国人と共生する理想的な社会モデルを作ってほしいもの。
     ◎
 全国最年少市長はシロ―。岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長(29)の収賄容疑に関して5日、第一審で無罪判決が言い渡された。浄水設備導入に関し市議時代の13年3~4月、業者から計30万円を受け取ったとして起訴されていた。万が一、有罪だったとしても、何百万ドル単位で賄賂をもらう当地の感覚で見れば、小額すぎて少しお気の毒のような…。13年8月には姉妹提携を見据え来伯し、西森ルイス連邦下議とも面会した同市長。NPO法人「ブラジル友の会」などがあり、在日ブラジル人が多い美濃加茂市だが、これからは気持ち新たに市政に取り組めそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]