ホーム | コラム | 樹海 | 老いも若きもEnemに挑戦

老いも若きもEnemに挑戦

 明24日と25日は、全国高等教育試験(Enem)が行われる。この試験は一部の公立大学の入試や私立大学の奨学金受給者選抜材料としても使われるため、受験者達も追い込みに必死だ▼そんな受験者のため、ピアウイ州教育局が、21日夜8時から22日朝6時まで、テレジーナにあるショー会場で〃最後の復習〃の機会を設けた。公立校の生徒を中心に開催された復習会は、300キロ離れたマラニョン州の州立高生徒がバスで乗り付ける程の大盛況で、本番前最後のチャンスにかける人々の意気込みが伝わってくる▼この大復習会に来たのは高校生や予備校生だけではない。55歳の公務員アウダ・デ・ソウザ・コスタさんは1980年代に高校を卒業したが、やっと大学を目指す気になって受験する。彼女の夢は生物学か経営学を学ぶ事だが、昨年Enemを受けたが公立校に入れなかった息子より良い成績をとる事も目標の一つだ▼TVなどでは、68歳で受験する男性の事も報じていたが、何かを学ぶ事に年齢制限はない。今年のEnemは何歳の受験者が最高齢か知らないが、90歳を超えて大学に入り、孫より若い学生と席を並べて学ぶ婦人など、あくなき夢を追いかける人の話は後を絶たない▼24日は4時間半、25日は5時間半の長丁場で、知力と共に体力と気力も試される。目の前で門を閉められて泣く受験者も続出する試験だが、770万人の受験者の内、少なくとも2度目の受験者は520万人で、初回受験者を初めて上回った。初回受験者が昨年より47%減ったのは少子化だけが原因ではないはずだが、更なる学びという夢を追う人々に心からエールを送りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • これではクロロキンやイソジンを求めたくなる?2020年8月7日 これではクロロキンやイソジンを求めたくなる? 「これがコロナウイルス対策の世界のトップが言う言葉なのか」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3日に発言した言葉に愕然とした。 「現状で特効薬は見つかっていないし、永久に見つからないかもしれない」。現在、世界中の人たちが、「第3段階まで行った」というワクチンが […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]