ホーム | コラム | 樹海 | 老いも若きもEnemに挑戦

老いも若きもEnemに挑戦

 明24日と25日は、全国高等教育試験(Enem)が行われる。この試験は一部の公立大学の入試や私立大学の奨学金受給者選抜材料としても使われるため、受験者達も追い込みに必死だ▼そんな受験者のため、ピアウイ州教育局が、21日夜8時から22日朝6時まで、テレジーナにあるショー会場で〃最後の復習〃の機会を設けた。公立校の生徒を中心に開催された復習会は、300キロ離れたマラニョン州の州立高生徒がバスで乗り付ける程の大盛況で、本番前最後のチャンスにかける人々の意気込みが伝わってくる▼この大復習会に来たのは高校生や予備校生だけではない。55歳の公務員アウダ・デ・ソウザ・コスタさんは1980年代に高校を卒業したが、やっと大学を目指す気になって受験する。彼女の夢は生物学か経営学を学ぶ事だが、昨年Enemを受けたが公立校に入れなかった息子より良い成績をとる事も目標の一つだ▼TVなどでは、68歳で受験する男性の事も報じていたが、何かを学ぶ事に年齢制限はない。今年のEnemは何歳の受験者が最高齢か知らないが、90歳を超えて大学に入り、孫より若い学生と席を並べて学ぶ婦人など、あくなき夢を追いかける人の話は後を絶たない▼24日は4時間半、25日は5時間半の長丁場で、知力と共に体力と気力も試される。目の前で門を閉められて泣く受験者も続出する試験だが、770万人の受験者の内、少なくとも2度目の受験者は520万人で、初回受験者を初めて上回った。初回受験者が昨年より47%減ったのは少子化だけが原因ではないはずだが、更なる学びという夢を追う人々に心からエールを送りたい。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]