ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、連日、激動続きの伯国政界だが、連警がラヴァ・ジャット作戦(LJ)第23弾で押収し、23日に公表されたオデブレヒト社による政治家への献金リストは、早くも政界にとって次なる爆弾になりそうな気配を漂わせている。そこに書かれた政治家の名前は18政党、200人以上に及ぶが、その中には、これまでもLJで名の挙がっている閣僚や議会の与党側の大物だけでなく、2012年の聖市市長選に出馬したハダジ現市長や、ジョゼ・セーラ氏、セウソ・ルッソマノ氏、ガブリエル・シャリッタ氏、リオ市長のエドゥアルド・パエス氏など、おなじみの名前が多数。政治献金か裏金かは明白になっていないが、政界は戦々恐々だろう。
     ◎
 22日のラヴァ・ジャット作戦第26弾の捜査は、サッカー関係者にも及んだ。それはコリンチャンスの副会長、アンドレ・ネゴン氏で、同氏はイタケロン・スタジアムの建設で、オデブレヒト社から50万レアルを受け取った疑いを持たれている。ネゴン氏は警察に連行、事情聴取だけのはずだったが、自宅で銃が見つかり、銃の不法所持で逮捕された。
     ◎
 リオのルイス・フェルナンド・ペゾン州知事が今月12日より、感染系の病気により入院中で、周囲の予想以上に入院が長引いている。一説によると、この感染が、心臓や脊髄など、重要な部分に及んでいないか、心配もされているという。夫人のマリア・ルシア夫人は「大丈夫で本人は退院したがっている」と23日に語っているが、検査結果が出るのは今日だという。五輪前に悪い結果が出なければいいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2015年3月6日 東西南北  ここ数日、本紙でも連日で報じている連邦検察庁から連邦最高裁に渡ったラヴァ・ジャット作戦の疑惑の政治家リストについては、現在伯国で話題沸騰中だ。誰が捜査の対象となるかの正式なリストは近日中に発表される予定だが、ここに来てヴァロール紙は、主犯のアルベルト・ユセフ被告が、フェル […]
  • 東西南北2013年5月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月21日  18〜19日に聖市で行われた24時間の文化イベント「ヴィラーダ・クルツラル」では、暴力犯罪が例年以上に目立ち、1人が射殺され、さらにもう1人が麻薬中毒が疑われる急死。5人が発砲を受け、6人が刃物で刺された。市が1千万レアルをかけ、4800人 […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月12日  ジルベルト・カサビ前聖市市長は10日、同氏の市政時代の財務局の局員たちによる5億レアルの収賄スキャンダルに関し、フェルナンド・ハダジ現市長から批判を受けていることに対して不満を示した。スキャンダル解明にあたって市の「大損害と崩壊」の現実に […]
  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]