ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 東洋街のガルボン・ブエノ通りを繋ぐ大阪橋に、新しいベンチが三つ設置された。元々の歩道と拡張された歩道にまたがり、それぞれ横6メートルほどの大きなもので、人が寝転がれるほど。ニッケイ新聞横の三重県橋にも、くつろいで座れるようなベンチが数カ月前にできた。そろそろ夏で夕焼けが綺麗な季節。夜には高架線下の高速道路を通る車の夜景なども見られる。ちょっと排気ガスは気になるが、しばし休憩して、眺めを楽しむのも一興かも。
     ◎
 『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)211号が11月に発行された。9月10日にロンドリーナで開催された第63回全伯川柳大会の特集号だ。1位<ガラクタの一つ一つにある記憶>(島田喜久枝)、2位<ふるさとの記憶は今も風化せず>(光岡早苗)、3位<遠い日の記憶辿れば悔いばかり>(五十嵐美佐子)、4位<よき師との出会いし記憶今がある>(富松貴恵子)、5位<哀楽の記憶を胸に異土に生く>(栄森さかえ)、6位<順調に老いております記憶力>(柿島さだ子)、7位<期待とは嬉しく重い荷物です>(坂上歩)、8位<お金では買えぬ命を無駄使い>(浦畑艶子)、9位<切り捨てた風が記憶の底で吹く>(藤倉澄湖)、10位<川柳は命の泉沸く気力>(久保久子)など。
     ◎
 兵庫県神戸市にある日伯協会(三野哲治理事長)の会報『ブラジル』第973号が11月に発行された。「創立90周年特集」で38ページ、全頁カラーという豪華版だ。1926月5月8日設立という最古の日伯関連団体だろう。寄稿者の一人、堤剛太汎アマゾニア日伯協会副会長は、3年前にベレン総領事館が領事事務所に格下げされた件を取り上げ、《80数年もかけてアマゾンの地に築き上げてきた日本の外交拠点をなぜここに来て見捨てるのか。中国政府は逆に、この地での将来性を見込み積極的な進出策をとっているのに反して、日本政府の解せない撤退策でした》と厳しい一言も掲載されている。ぜひ「アマゾンの声」に応えるような〝サムライ〟が外務省に現れてほしいものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年9月21日 大耳小耳  5月16日に来伯して伯国中を飛び回り、パラグアイでも歌声を披露している歌手中平マリコさんだが、10月6日に帰国する予定。1日に開催された「第5回さぁ~始めよう」はもちろん、県連日本祭り、アマゾン移住90周年記念行事への出演、日系福祉施設の巡回公演など精力的に飛び回り、そこで募 […]
  • 大耳小耳2019年9月18日 大耳小耳  俳誌『朝蔭』478号が8月に発行された。《母の日や誤字も嬉しき子の便り》(モジ=幸村みさを)には思わず共感。日本語で書こうとしてくれた子の気持ちだけでも嬉しい。《蘭園や花の浄土もかくあらん》(モジ=佐々木君代)という作品からは、馥郁たる匂いまで漂ってきそう。《英語多き母国誌に […]
  • 大耳小耳2019年8月20日 大耳小耳  日伯協会(三野哲治理事長)=兵庫県神戸市所在=会報『ブラジル』984号(7月発行)を見ていたら、駐日ブラジル全権大使のエドゥアルド・パエス・サボイア氏の着任挨拶がでていた。来年は東京五輪の年であるのと同時に、在日ブラジル人にとっては「コミュニティ30周年」の記念の年だとか。1 […]