ホーム | コラム | 樹海 | 新大統領とは対照的な世界最強女性

新大統領とは対照的な世界最強女性

アマンダ・ヌーネス(William Lucas/Inovafoto)

アマンダ・ヌーネス(William Lucas/Inovafoto)

 ブラジルで、90年代前半まで「サッカーの次に国際的に強いスポーツは?」と問われたらその答えは「F1」だったもの。だが2000年代後半から、それは「総合格闘技」になりつつある。とりわけそれは2016年から「女子」で顕著になりつつある。現在、「世界で最も強い女性」はブラジル人だ▼昨年の12月30日、総合格闘技の最大団体、「UFC(アルティメット・ファイティング・クラブ)」の最新の興行が米国カリフォルニア州で行なわれ、UFC認定の世界王者のベルト保持者のブラジル人女性2人、クリス・サイボーグとアマンダ・ヌーネスが戦った。この対戦は、クリスがベルトを持っていたフェザー級の試合で、バンタム級王者のアマンダが体重を増やす形で行なわれ、腕のリーチもクリスの方が5センチ長いと体格差もあった。だが試合は、開始わずか51秒、アマンダがクリスを圧倒的な試合展開でノックアウトした▼アマンダと言えば、バンタム級女王の時代には、女子格闘技ブームの主役となった数年前まで無敵のチャンピオン、ロンダ・ラウジー(米国)をも48秒でリングに沈めたほどの実力の持ち主。今回の試合でも、ラウジー戦で見せた高速パンチ攻勢が鮮やかだった。そのひじをグッと引いた基本に忠実なパンチの動きは、スロー再生で見ると肉体的動作としてかなりの凛々しい美しささえ放っている。ラウジー、クリスと難敵を倒した今、彼女に勝てる挑戦者はすぐに思いつかず、「アマンダの世界女王の座は当分揺らぎそうにない」、との専門家の声も目立つほどだ▼このアマンダは、「強さ」以外の角度で見ても非常に興味深い。それは彼女が同性愛者で、貧困層の多い北東伯のバイーア州出身であることだ。「女性で、レズビアンで、ノルルデスチーナ(北東伯出身者)」などというと、1日に就任したばかりのジャイール・ボルソナロ大統領がいずれも差別発言を浴びせてきた対象であり、同氏の大統領選での得票率も低かった項目だ。ボルソナロ氏の存在が国際的に話題になっているのとは別のところで、同氏のイメージとは真逆な人物が「世界最強女性」として脚光を浴びているのは、偶然だとしても興味深い▼アマンダ自身は現在は米国在住で、昨年の選挙で誰に投票したかなどは明らかにされていないが、今後、彼女がボルソナロ氏をどう思っているかなどを尋ねられる一幕も出てくるだろう。そのときに彼女がどう言うか。答の内容いかんにかかわらず、コラム子は興味がある。(陽)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年!2019年1月9日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=独断と偏見でボルソナロ新政権占う=期待できるか、2019年! 【深沢】さてさて、今年も年末座談会の季節がやってきました。  去年末の大統領選挙予想の座談会は、みんな見事に大外しで、ある意味〃的中〃させたのは井戸君だけ(涙)。といっても「最悪の場合それもあり得るのは」というもので、結果的にそれが的中でした。 【井戸】いえ、僕の予 […]
  • 東西南北2020年10月6日 東西南北  ブラジルでも、トランプ大統領のコロナウイルス感染問題がニュースを独占している。しかも、ボルソナロ大統領が感染した時と違って症状がかなり重く、大統領選期間中のホワイトハウスでクラスター感染が起きたことに関して「無責任」と言われても仕方がない状況だ。トランプ氏自身も焦りがあるから […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボルソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボルソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]
  • 東西南北2020年9月26日 東西南北  24日、イポッピによるボルソナロ政権への世論調査が発表され、「良い」が40%で「悪い」が29%と、政権発足後、最良の数字を記録した。ただ、「ボルソナロ大統領への信用度」は「信頼しない」が51%で、「信頼する」が46%だった。一方「悪い」と評価された分野は「失業対策」が60%、 […]
  • 東西南北2020年9月24日 東西南北  米国のタイム誌が22日、「世界で最も影響力のある100人」に、ブラジルからはボルソナロ大統領とユーチューバーのフェリペ・ネットの2人を選んだ。ボルソナロ大統領といえば、今やトランプ大統領と並ぶ“世界的な政治家”。タイム誌が7、8年前に、ジウマ大統領を同様の企画で「進歩的な女性 […]