ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 先月のボルソナロ大統領擁護デモには参加しなかった政治団体、ブラジル自由運動(MBL)とヴェン・プラ・ルアの二つが「30日にデモを」と呼びかけている。これはセルジオ・モロ法相とラヴァ・ジャット作戦を擁護するためのものだという。元々、ジウマ大統領の罷免運動の際に台頭した両団体は、ボルソナロ氏以前にPSDBやDEMなど、PT政権時代の野党との結びつきが強く、一族のPSDBとの関係が浅からぬモロ氏への擁護は自然な流れ。ただ、それ以上に「LJこそブラジルの未来」と信じて疑っていなかった人たちには、自分の信条にも関わる問題のはず。今回のスキャンダルの大きさが改めて思い知らされる。
     ◎
 来年の東京五輪の対象年齢選手(22歳以下)が参加したフランスでのサッカーのトゥーロン杯決勝が15日に行われ、ブラジル代表が、PK戦までもつれた大熱戦の末、日本代表を振り切って優勝した。だが、特筆すべきは日本代表の活躍だ。今回のチームは、同年代の主力選手がコパ・アメリカに出場したため、当初はBチーム扱いだったのにこの成績。ブラジル代表には欧州組や国内リーグ主力も多かったが、これと互角に戦ったのは収穫といえそう。
     ◎
 ジウマ政権では財相、ボルソナロ政権ではBNDESの総裁という要職につきながらも、いずれも短期間での辞任となってしまったジョアキン・レヴィ氏。国際的にも一目置かれているほどの経済界の実力者がブラジル経済再建を託されても、意思半ばで本領を発揮できずに終わる状況が続いてしまうとは。経済復興はこれでまた遠のくのか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年9月4日 東西南北  ネット調査団体「GPSイデオロジコ」の調査によると、1年前は極右よりだったツイッター上の政治に関するインフルエンサー(意見が影響力を持つ人)が、中道寄りにシフトしてきているという。その現象は、ジョイセ・ハッセルマン下議やウィルソン・ヴィッツェル・リオ州知事といった、ボルソナロ […]
  • 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」2020年6月2日 《サンパウロ》反ファシズムデモで大混乱=過激化した大統領親派が乱入=「まるで台頭期のヒトラー」  5月31日、サンパウロ市パウリスタ大通りで反ファシズムを訴える平和的なデモ行進が行われたが、ボルソナロ大統領支持派の乱入により、大混乱が生じた。このところ、ボルソナロ大統領やフェイクニュース(FN)捜査の対象となった人物による、ファシズム、ナチス的な挑発的行為が相次い […]
  • 東西南北2020年4月29日 東西南北  24日の電撃辞任以来、セルジオ・モロ前法相、ボルソナロ大統領の両支持者が「国民の期待を裏切った」と、ネット上で互いを中傷し合うことを繰り返している。それは、モロ氏が辞任会見で言及したボルソナロ氏による連邦警察への介入などの捜査を最高裁が認めたことでさらに過熱化しそうだ。ダッタ […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]
  • (アカデミー賞)「消えゆく民主主義」がドキュメンタリー部門にノミネート ジウマ罷免、ルーラ実刑の内幕描き物議も2020年1月14日 (アカデミー賞)「消えゆく民主主義」がドキュメンタリー部門にノミネート ジウマ罷免、ルーラ実刑の内幕描き物議も  13日、米国ロサンゼルスで世界最大の映画賞、アカデミー賞のノミネート作品が発表され、ブラジルの左派・労働者党政権崩壊の内幕を描いて話題を呼んだドキュメンタリー「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートされた。  このドキュメンタリーは、現在36歳の女性監督、ペトラ・ […]