ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 このところ、警察による暴力が再び注目を集めているが、サンパウロ市でも、「正当と呼べるかは微妙」な警察による暴力事件が発生し、話題を呼んでいる。それは今月1日、サンパウロ市南部グラジャウーで、警察官が一般市民の足を縛り、パトカーの中に閉じ込めて殴る蹴るの暴力事件を起こしたことだ。ことの発端は、この被害者が車の追突事故を起こしたことだった。彼によると「自動車保険を持っていたから問題なく解決できていた」ところに警察が割り込み、話がこじれた末に暴力事件に発展したとのこと。このシーンは実際に防犯カメラにも記録され、公開されて問題にもなっている。なぜ警察がこんな暴力をふるってしまうのか。
     ◎
 12日付本欄でも報じた、10日にサンパウロ市ベラ・ヴィスタ区のアパートで死亡した3歳のガエル君の葬儀が13日、同君の父親の郷里のパライバ州でしめやかに行われた。事件後の反響があまりにも大きく、サンパウロ市で葬儀を行うと人が殺到し、密を作る恐れからの配慮ともいわれている。父親はいつか、ガエル君を自分の郷里に連れて行きたいと願っていたが、望んでいた形とはまるで違う旅となってしまった。殺害容疑で逮捕された母親アンドレイラ・フレイタス・デ・オリヴェイラ容疑者は依然として犯行を否定しているが、精神疾患を疑われている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]