ホーム | コラム | 樹海 | アマゾン雄飛したかった田中角栄

アマゾン雄飛したかった田中角栄

パウリスタ新聞1981年元旦号

パウリスタ新聞1981年元旦号

 庶民派首相・田中角栄は死んでなお人気が高く、今も彼に関する本が続々と出されている。そんな一冊、5月に発売された『田中角栄 最後のインタビュー』(佐藤修、文春新書)の出だしに引き込まれた。
《私が田中角栄に初めて会ったのは、一九八〇(昭和五十五)年十二月十六日、ブラジル・サンパウロの「南米通信」の東京支局長としてインタビューした時であった。この当時、角栄は七六年二月に明るみに出たロッキード事件の裁判を抱え、マスコミとの接触を一切絶っていた。それでも南米の日系人たちの間では角栄人気は非常に高く、現地の邦字紙からは角栄の近況を是非にと、支局に記事の配信を依頼してきていた》
 「現地の邦字紙」とは弊紙の前身パウリスタ新聞のことだ。1981年元旦号をひっくり返してみると、見開きでデカデカと掲載されおり、非常に興味深い内容だった。なんと角栄は少年時代にアマゾン移住を夢見ていた。
《私はブラジルという国にとても親しみを持っているんです。これは少年時代にアマゾン雄飛を真剣に考えた頃からの感情です。ですからブラジル訪問の時も、あのアマゾンの国に来たんだという気持ちでいっぱいでした。あの時は時間がなくてアマゾンには行けませんでしたが、サンパウロを経てワシントンでの日米首脳会談に向かう途中、大アマゾンを空から跨ぐことができました。私はその時これで一生のうちの一つの夢が実現したんだなぁという思いに浸ったものです》と語っている。
 トメアスー移住地を命がけで支援してきた千葉三郎衆議、その後を継いで面倒を見た岸信介氏らから頻繁にブラジル報告を聞き、相談を受けていたという。
 驚くべきは、次の一言か。
《まあ、私にとってブラジルは、故郷新潟の次に関係の深い土地と言っていいでしょう》。多分に「政治家のサービス」的言葉だろうが、ロッキード事件後にマスコミとの接触を絶っていた中、この取材だけには応じた。移民への深い想い入れを伺わせる。
 来伯中にガイゼル大統領と会談した下りも興味深い。《ガイゼル大統領に会った時、『私はドイツ移民の子だ』というから、私だってアマゾン開拓を志した男だ。しかしあまりにも遠かったので途中の東京で引っかかってしまっただけだ。もしあの時にブラジルに来ていれば今頃あなたの有力な対抗馬になっていたかもしれない、と言い返した。そうしたら彼は『それは認めよう。(中略)私はドイツ移民の子だがブラジル生まれだ。田中、あなたがもし幼少時にブラジル渡って来たとしても、ブラジル生まれではないので大統領にはなれない。はなはだ惜しいことですが…』と言うのです。私はこのガイゼル大統領の言葉にブラジル人の気概というものを感じました》とある。
 軍事政権中のガイゼルとの間にこのような会話があったという事実が面白い。初対面の大統領とこれぐらい踏み込んだやり取りをする外交のセンスは大したもの。それがセラード開発に結実し、日伯関係の基礎を作った。
 ただの曠野(あれの)だと思われていたセラードを、日本と日系組合主導で土地改良し、世界有数の大豆生産地帯に変貌させた。これは、いまもってブラジル政府側から感謝される事例であり、日伯経済交流がもたらした国家的な貢献だ。
 角栄いわく《百六十二万人(当時の海外日系人口)の人々は、明治以来百十五年に亘って日本の国際化のために大変な努力をされてきた方々とその二世・三世であります。とくに前の戦争の時は、敵国扱いを受けて非常に苦労されました。したがってこの一世・二世の方々の苦労に報いることが日本にとってまず大事です》。
 たった一度の来伯だが日系社会をかなり深く理解していた。
 《さらに二世の諸君で親の生まれ育った国で勉強したい人には、全額こちらの負担で受け入れられるようにしようと思います。そのくらいのことは今の日本だったらできることです》とまで言っている。今の政治家に聞かせたい。
 佐藤修記者の取材は20分の予定だったが、結局は40分以上に。その間、応接間ではたくさんの陳情客がじっと待っていたとか。
 残念なのは、南米通信の尾和義三郎社長が昨年11月に亡くなったことだ。存命中にこの大スクープの裏話を聞きたかった。(深)

こちらの記事もどうぞ

  • アマゾン にこやか、気さくに握手=歓迎式典の出席者とご歓談=「とても親しみが湧きました」2015年11月14日 アマゾン にこやか、気さくに握手=歓迎式典の出席者とご歓談=「とても親しみが湧きました」  皇室がパラー州都ベレンをご訪問されるのは、今回が4回目。最初は皇太子同妃時代の天皇皇后両陛下が1978年(移民70周年)、2回目は礼宮時代の秋篠宮殿下が1988年(移民80周年)、3回目は両陛下が1997年(移民90周年)に来られた。秋篠宮殿下は27年前のご訪問をふまえた内容 […]
  • 〃ドン・ぺぺ〃こと、ウルグァイのホセ・ムヒカ大統領(Foto: Presidência do Uruguai)2014年12月3日 ウ国外交界の頭痛の種=ドン・ぺぺの率直な発言語録=パラグァイ 坂本邦雄  ウルグァイ元首〃ドン・ぺぺ〃こと、ホセ・ムヒカ氏の『世界一質素な大統領』としての評判はスッカリ定着した。そんな好評の裏で、歯に衣着せぬ発言が多く、外交界で色んなゴシップにこと欠かぬ、ユーモラスな「失言居士」としても有名だ。 ゲリラ闘士時代の血騒ぐ? 最近は例の調子でメキシ […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=662014年12月3日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=66  このK・Tさんは、彼女たち花嫁移民の母と呼ばれる小南ミヨ子著「海外に飛び立つ花嫁たち」の中で紹介されている。昭和五四年七月に移住した「国際女子研修センターの第九回生」である。ブラジルへ旅立つ矢先に住所変更を知らせるK子の手紙を受け取った小南ミヨ子女史は、「K・Tさんのこと […]
  • サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式2017年7月4日 サンパウロ州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(下)=礎石になった日立のラック式  パラナピアカーバのガイド、ゼリアさんから聞いた「ここの鉄道システムは一時期、日本の会社のものだった。その最初の頃に事故が起きて、日本人を含めて何人か死んだ」との話を、食事をした現地レストランの会計ペドロ・デ・ソウザ・マイアさん(59)にもぶつけてみた。すると彼は祖父の […]
  • 聖州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(中)=世界に誇る10・5度勾配2017年6月30日 聖州を「ブラジルの機関車」にした鉄道=(中)=世界に誇る10・5度勾配  登山鉄道の町パラナピアカーバ(Paranapiacaba)は、聖市近郊ABCD地区のサントアンドレー市の南端にある。普段ならメトロのブラス駅でCPTMに乗り終点のリオ・グランデ・ダ・セーラ駅まで行き、さらにバスを乗り継がないといけない。もしくは毎週日曜日に観光列車がル […]