ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 今回の「映像の集い」のテーマは、高橋佳子主宰が10月に発刊したばかりの著書「あなたがそこで生きる理由―人生の使命の見つけ方」(三宝出版)から。他にも「運命の逆転」(2016)「未来は変えられる!」(2015)「魂主義という生き方」(2014)「新・祈りの道」(2006)などGLAの教義についての本が販売されている。また、日本国外在住の会員でも同団体のサイトで高橋主宰の講義動画が視聴できるとか。ポ語翻訳本も続々と刊行されている。興味のある方は同サイト(https://www.gla.or.jp/)を覗いてみては?
     ◎
 柳誌『ぶらじる川柳』通巻215号が11月に刊行された。《きらきらの勲章が泣く孫の代》(今立帰)にはウンウンとうなずくしかない。《熱燗に望郷ちょっぴり混ぜて飲み》(万賀)には心底感服。東洋街の赤提灯が目に浮かぶ一句。《功薄く以下同文でからげられ》(今立帰)には、みなが薄々気付いていた「真実」が込められている? 《真っ直ぐの道よりまわり道が好き》(渡辺文子)というか、好きで回ろうとしていないのに、結果的に回り道させられるのが現実か。《酒飲みの「一杯だけ」は腹一杯》(量通)との作品には、それこそ、たらふく笑わせてもらった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年7月6日 大耳小耳  JICA横浜は、日本国内最大の深谷ネギ生産者で日系二世の斎藤俊男さんの公開講座を、今月8日午後2時に開催する。会場はJICA横浜(横浜市中区新港2―3―1)1階会議室1。申込み不要、参加費無料。講座のテーマは「在日30年の体験から見たブラジルと日本」。斎藤さんは1995年に人 […]
  • 大耳小耳2018年3月24日 大耳小耳  日本のブラジリアンタウンとして知られる群馬県邑楽郡大泉町のシンボル的存在だった「ブラジリアンプラザ」。その再建計画を実施するNPO法人交流ネットの林事務局長によれば、16年末までに改修再開店する予定だった同プラザだが、1階は再開店しているものの、ブラジル移住資料館を含む2階は […]
  • 大耳小耳2018年1月4日 大耳小耳  今年で10年目を迎えたカエル・プロジェクト(中川郷子代表)。かつてデカセギ支援団体はいくつかあったが、いまでは事実上ここ一つになった。日本から帰国した伯人デカセギ子弟の社会適応を援助するため、カウンセリングやポ語授業を行っている珍しい団体だ。聖州教育局とブラジル三井物産基金の […]
  • 大耳小耳2017年11月22日 大耳小耳  ブラジル日本交流協会の村上裕美子さんは、日本ブラジル中央協会HP(nipo-brasil.org)への寄稿で「今後、能力として『他言語を知っていること』の優位性が相対的に下がっていくことは確実」とする。一般論としては、機械翻訳の性能が高まるにつれて、生身の人間が言語を習得する […]