ホーム | 日系社会ニュース | 文協春の古本市、今年も盛況=非日系人から漫画に関心集まり

文協春の古本市、今年も盛況=非日系人から漫画に関心集まり

古本市の様子

古本市の様子

 文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)は、『春の古本市』を先月29日、文協ビルで開催した。ボランティアと委員会会員約50人が協力し、一般図書、漫画、辞典など様々な図書を格安で販売した。
 今年の来場者は約600人、売上げは1万5300レとなった。売上げは、全額が文協運営費に活用される。
 同委員会の細野昭雄さんは今回の古本市について「増加する非日系の来場者が漫画への関心を高めていることから漫画の売り場面積の拡張、古すぎる本は無料配布するなどした」と工夫した点を振返った。

image_print

こちらの記事もどうぞ