ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2007年8月11日付け

 GE製の最新MRI機器を導入した援協。十年間使用していた以前のものは、パラ州に住む個人の病院経営者が買い取り希望に名乗りでて、わざわざトラックを自前で引き取っていったという。その買取額は十八万レアル。援協の関係者は「処分費用がかからなかったうえに、地方で有効利用してもらえる」と大いに喜んだとか。
     ◎
 先日本面に、東京出身の早川國太郎さんに関する尋ね人の記事を掲載したところ、複数の読者から連絡があった。一人はまさに早川さんの親族にあたる人。もう一人は以前、同一家と同じ植民地で暮らしていた人だった。早速日本側へ連絡、喜びの返答が返ってきた。
     ◎
 Jリーグは二十一日から二十八日までリオで開催される「第十回日伯友好カップ」に派遣するU―15のJリーグ選抜チームの選手を発表した。同大会にはボタフォゴ、フラメンゴ、グレミオなどのブラジルを代表する選手が所属するチームが参加する大会だ。Jクラブ下部組織の若い選手達の技術向上や国際交流を目標として参加している。日本やブラジルなどから二十七チームが参加し、予選三試合行なった後、決勝トーナメントに参加する。

image_print

こちらの記事もどうぞ