ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

2007年8月31日付け

 男性と女性の間に恋情はあるが、友情は育たない、とはよくいわれる。今度、故弘中千賀子さんの『異土の歌』、故陣内しのぶさんの『合鐘の記憶』と二冊の遺歌集を日本で編集、出版した前山隆さん(73)を衝き動かしたものは、何だったのだろう。前山さんがいくら多感でも恋情ではあるまい。女性二人の生前、文芸活動を通して親しかったのは、確かであるが▼『合鐘の記憶』のあとがきに書いている。「陣内は十五歳で移住、十九歳で結婚、七ヵ月で離婚、以後家計と子育てに生きた。そうした過去を知らない頃のある日〔何、この後家の頑張りが!〕と大声に面前で口にし、背中をだいぶ叩かれたが、彼女は怒らなかった。あの頃から真実親しくなった」▼前山さんは、本を携行して来社したとき、二人は(私が本を)出してくれるのではないか、と思っていたのではないか、だからといって、義務感があったのではない、生き甲斐だった、と言った。話を聴く者の涙腺を緩ませるのに十分だ▼自身のブラジル初期と重なり合うものがあるのか、前山さんは、ブラジルや移民が好きなのだと思う。子供移民たちは独学で自身の心の軌跡を含めた生活史を短歌で表現できるまで自分を高めた。それをいとおしむ▼弘中さん最晩年の歌「こまやかな四季ある国をひそめ持ち吾のひと世の終り近づく」。こう詠まれた歌を前にし、一冊に編んでやろうという気になったのであろう。前山さんの「情」は人には計り知れないものがある。(神)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協水曜シネマ=7月の上映予定2015年6月26日 文協水曜シネマ=7月の上映予定  文協水曜シネマ7月の上映予定が決まった。会場は8日のみ大講堂、他の日は全て小講堂で、開演時間は全て午後1時から。8日は水曜フリマがある。▼1日=「やくざ刑事」(1970年、野田幸男監督、出=千葉真一)▼8日=「わが愛の譜 滝廉太郎物語」(93年、澤井信一郎監督、出演=風間 […]
  • 東西南北2009年10月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年10月2日付け […]
  • 水曜シネマ=3月の上映予定2012年3月3日 水曜シネマ=3月の上映予定 ニッケイ新聞 2012年3月3日付け  文協水曜シネマの3月の上映予定が決まった。入場料は会員無料、非会員5レアル。  ▼7日=「皇室の20世紀 […]
  • 《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁2019年4月26日 《ブラジル》陸軍中佐を銃横流し容疑で逮捕=射撃クラブに陸軍名義の銃5丁  リオ州とエスピリトサント州でスポーツ射撃用途の銃の流通管理、監査を担当していたアレッシャンドレ・デ・アウメイダ陸軍中佐が23日、銃を射撃クラブに横流ししていた疑いで逮捕されたと、25日付現地紙サイトが報じた。  同中佐の逮捕は、陸軍東方軍司令部と陸軍広報センターも確認してい […]
  • アドベンチスタ教会月例講演会2003年8月19日 アドベンチスタ教会月例講演会 8月19日(火) […]