ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年1月9日付け

 韓国の聯合ニュース社の報道によれば、韓国とブラジルが昨年11月、社会保障協定を締結した。日伯間では昨年3月に発効した、社会保険料の二重払い防止を目的とする協定だ。両国の国会同意を経て、発効後はブラジルに派遣勤務する韓国の被用者は最長8年間、当地の年金加入義務を免除され、韓国企業の投資環境改善が期待されている。韓国が中南米の国と社会保障協定を締結するのはブラジルが初。韓国政府は、同国企業と労働者の進出が活発な国を優先して協定の締結を推進するとか。押しも押されもせぬ韓国の勢い。日本もあぐらをかいてはいられない?
     ◎
 クリスマス公演のバレエ作品の間に上演されたスライド・ショー「テアトロ・ユバ50年のあゆみ」では、劇場建設の経緯が語られた。小原さんが弓場に入ってもない頃、当時から行われていたクリスマスの踊りや劇の練習を見ていた際に、手持ち無沙汰にしていた子どもたちに簡単なダンス作品を作ったところ、それをみていた農場創設者・弓場勇が「今年はここに舞台を作ろう」と唐突に提案したのがきっかけ。そこからわずか1週間で完成までこぎつけたというから驚きだが、小原さんが何より感銘を受けたのは、勇氏の提案を即座に受け入れ、建設に取り掛かった弓場の人間の姿勢だったのだとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年6月20日 大耳小耳  徐々に自粛解除となり、今までは営業できなかった店も開店しはじめた。飲食店は未だ持ち帰りや宅配のみ。夜になるとバールなどは店内に入れないようになっているが、店先で肩を並べて数人でわいわい「立ち呑み」しているのを見かけるようになった。外とはいえ、飲み食いの際はマスクを外さねばなら […]
  • 大耳小耳2020年6月17日 大耳小耳      ◎  クアレンテナが段階的に解除となり、限られた時間ながらも様々な店が営業を再開しだした。先日の土曜にはメトロのサウージ駅近くを車で通ったところ、店内が混雑しないようにするためか、出入り口での手消毒のためか、DAISOに客の列が出来ており、隣の店舗前にまで伸びていた […]
  • 大耳小耳2020年4月17日 大耳小耳  日本政府は4月16日、緊急事態宣言の範囲を全国都道府県に拡大した。これまでは、感染への対応を重点的に進める「特定警戒都道府県」として、7都道府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象にしていた。今回新たに6都道府県(北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都)も加え、 […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]