ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年1月9日付け

 世界の終わりがマヤ暦で預言された12月21日の次の日、日本の100円ショップ1号店(Rua Direita, 247 メトロ・セ駅から徒歩5分)が開店した。その日の朝10時に行ったら100メートルも列が出来ていた▼近くのショッピングで時間をつぶし、午後1時頃に再び戻ると、雨降りにも関わらず同じ状態だったので驚いた。列の前の客に聞けば「2、3時間待ち」というので、その日は諦めた▼26日に再挑戦するとすぐに入れた。いかにもデカセギ帰りの日系人と非日系配偶者が多く「懐かしがっている」様子が印象的だった。妻は「予想外に品揃えが薄い」とブツブツ言いつつもカゴ一杯買っていた。耐震用品や3月25日街にもっと安く売っている商品は不要だし、ノート1冊で6レアル(開店特別価格で)は高い。当地ならではの品揃えの再検討をお願いしたい▼それにしても100円ショップというビジネスの当地成功を予感させるには十分の開店状況だ。次はパウリスタ大通りに出店してほしい。今までの進出企業は「高くて良いものを富裕層に」という考え方が多すぎた。牛丼「すき家」しかり「ダイソー」しかり、最も消費人口が厚い「中の下」を市場にしたビジネスこそ成功の可能性が高いことを示している。新年にはユニクロ上陸との噂も聞く▼デフレ日本で徹底的に鍛えられた良品安値販売は、毎年値段が上がり続ける慢性インフレ体質に病む伯国ビジネスに、大ショックをもたらす可能性大だ。日本式ビジネスが当地で通用することを証明してほしい。——世界の終わりが予言された日の翌日、当地では〃新しいビジネス〃が始まった?!(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]