ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルでも進む少子高齢化

ブラジルでも進む少子高齢化

 2日付フォーリャ紙の見出しに、「収容施設で生活している高齢者が増えている」とあり、改めて、ブラジルでも少子高齢化が進んでいる事を思い知らされた▼紹介されていたのは、州や市と契約を結んで高齢者を介護する機関だけの統計だ。2017年にそれらの施設に入所していた高齢者は6万939人で、2012年の4万5827人より33%増えたという。この数字は、公的機関や公的な資金を受け取っている施設での集計だから、次にある通り、民間施設で生活する人の数も入れればもっと増える。応用経済調査院(Ipea)によると、2011年には公的な施設と民間施設にいた高齢者は計8万3千人だった。「現在は10万人はいるはずだ」という▼しかも、少子化で子供の数が減り、女性の社会進出も進んでいるため、親などの面倒と仕事の両立で悩む人や、退職を余儀なくされる人も増えている。社会開発相が、昼間は施設で面倒を見、夜は家に帰すという方式を検討しているのも、このためだろう。高齢者を昼間だけ預かるデイサービスなどが空き待ち状態になっているのも、このあたりの事情を反映している▼同省が4月に導入した、市が施設を用意して高齢者の世話をし、夜は家に帰すという計画には、6月28日現在で135市が参加を申し出た。この案は、種々の機能が低下して長期入所を必要とする人向けの介護施設などの必要を排除するものではない。むしろ、そういう施設の収容人数が限界に達しているが故の方策だ。現状のまま高齢化だけ進めば、この問題は更に深刻になる。社会保障制度改革も含む高齢化社会への対応は、ますます必要度を増している。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月25日 東西南北  ここ最近、現地紙の報道でよく話題になる「大統領選キャンペーンでの放送時間」について、23日付エスタード紙が、現在予想される政党連立の状況に従うと、ジェラウド・アウキミン氏の30秒間の政見放送は8月31日までの5週間で318回、つまり1日平均9回流れると報じた。以下、労働者党( […]
  • サンパウロ州ドゥモン=夫が妻に5発を浴びせ殺害=別れ話を受け入れられず2019年4月12日 サンパウロ州ドゥモン=夫が妻に5発を浴びせ殺害=別れ話を受け入れられず  10日、サンパウロ州ドゥモンで、22歳の女性が、子どもを学校に送った帰りに夫に銃殺される事件が起きた。11日付現地紙が報じている。  殺害されたのは製造業助手のマリア・エウダーシア・ドス・サントス・バロスさんだ。マリアさんは10日12時30分頃、子ども4人を学校に送って家に […]
  • 第22回武本文学賞=小説など作品募る2004年5月15日 第22回武本文学賞=小説など作品募る 5月15日(土)  ブラジル・日系文学会(梅崎嘉明代表)では第二十二回武本文学賞作品を募集している。  規定は次の通り。 ◎小説部門=四百字詰め原稿用紙二十五枚~三十五枚。 […]
  • 8月の税収大幅に減少=基礎的収支の赤字も拡大2016年10月1日 8月の税収大幅に減少=基礎的収支の赤字も拡大  国庫財務局が9月29日、8月の税収は昨年同月比10・12%減の918億800万レアルで、8月としては09年以降、最悪の結果となったと発表した。これにより、中央政府(国庫財務局と中央銀行、社会保障院)の基礎的財政収支の赤字も、過去20年間で最大の203億4500万レアルとなった […]
  • サンパウロ総領事館=査証担当領事替る=妹川氏から林氏へ2004年3月20日 サンパウロ総領事館=査証担当領事替る=妹川氏から林氏へ 3月20日(土)    サンパウロ総領事館の査証班担当、妹川光敏領事が離任の挨拶に十八日来社した。  妹川さんは二十六日に帰国、法務省入国管理局に勤務する。 […]