ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年5月30日

 トメアスー移住地70周年記念誌『アマゾンの自然に調和して』は、2009年に出版されている。つまり、80周年時に刊行されたわけで、10年がかかったわけだ。関係者が「いやあ遅れに遅れて…お恥ずかしい」と苦笑いするのを聞きながら、アマゾンの悠久を感じたものだ。しかし、人の事を言っても笑ってもおられない▼80周年に本紙が取材し、編集を進めていた『アマゾン』が、ようやく刊行の運びとなった。トメアスーには敵わないものの、4年も経ってしまった理由には、編集部の及ばない部分での語るもお恥ずかしい内部事情があるのだが、それはさておき、関係者の皆様にまずはご報告申し上げたい▼連載記事に加え、ベレン、トメアスー、パリンチンス、マナウスなど各地であった記念式典の様子も写真グラフで盛り込み、80周年関連の動きを凝縮した。掲載時はもちろん日本語のみ。読んでもらいたい次世代に伝わっていないという忸怩たる思いがあったため、ポ語翻訳には力を入れ、移民史研究者でありジャーナリストの大井セリアさんに全面的に校正をお願いした。読み物としても楽しめる本になったと自負している。二、三世、ブラジル人に手に取ってもらい、自分たち、そして隣人たちのルーツに思いを馳せてほしい▼出版記念は来月14日午後7時から、文協ビル9階移民史料館で行う。販売価格は70レアルだが当日販売は60レ、先行予約も受け付けている(11・3340・6060/マリア)。コンヴィッチが届かない方も含め多くの人に出席してもらい、子や孫に日本人の歴史を伝える一冊として活用してほしい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」2019年10月29日 北東伯海岸への原油漂着に関する「最悪の想定」 ブラジル沿岸部における史上最悪の環境破壊  想像してほしい。たとえば故郷の美しい海岸の見渡すかぎりが、真黒な原油の塊でベトベトになっている様子を…。そこでは人はもちろん、鳥もウミガメも、魚すらも汚染され、次々に健康を害していく。  8月30日に最初の原油漂着が発 […]
  • 南米にもジョーカー君臨か?2019年10月25日 南米にもジョーカー君臨か?  ここ数カ月、世界中を激震させるような抗議行動が連鎖反応のように起こっている。香港、レバノン。そして南米でもエクアドルとチリで民衆と政府が激しく激突した。こうした状況を見て、「もしかして、ジョーカーは時代を予見したのか」「実在して、世界を混沌に陥れているのではないか」。 […]
  • 予期せぬ出来事で苦しむ時2019年10月24日 予期せぬ出来事で苦しむ時  職場のパソコンが止まり、サイト用に送りそこなった記事がある。ミナス州ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊による252人目の犠牲者の遺体が19日に見つかった件だ。事故の3カ月前、双子の息子の1人を殺人事件で失っていた母親は、やっと戻ってきたもう1人の息子の遺体を隣に葬った▼遺族の苦しみ […]
  • 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム2019年10月22日 封印されてきたブラジルテイスト発揮=マルシア デビュー30周年で新アルバム  「私たち(日系人)は日本人にはなりきれない。でも、日本人の心を理解する魂は持っている」――2014年11月、サンパウロ州モジ市コクエラ区のふるさと祭りに取材に行った際、たまたま居合わしたマルシアにインタビューした際、そう言われ、けだし明言だと感心した。  顔を見て、 […]