ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月22日

 ジウマ大統領は20日、バチカン市国でフランシスコ法王と会談し、法王から、7月23〜28日にリオで行われる世界青年大会に参加した後、聖州のアパレシーダを訪れるとの約束を得た。法王は1月に南大河州サンタマリアで起き、241人が犠牲になったナイトクラブ火災に触れて哀悼の意を示したほか、貧困問題などについても話し合ったという。
     ◎
 交通技術公社(CET)によると、2012年の聖市の交通事故死者は、チエテとピニェイロスの両マルジナルを除くと、南部ジャルジン・サンルイのMボイ・ミリンが最多だった。同通りでの死者は20人で、そのうちの9人が歩行者だった。同通りは全行程で標識や信号の不具合、横断歩道が消えかけているといった問題があり、信号を無視して横断する歩行者も頻繁に見られる。マルジナル・チエテの死者は49人、同ピニェイロスも24人の死者を記録している。
     ◎
 18日のサンパウロ・ファッション・ウィークで、デザイナーのロナウド・フラガのファッション・ショーに伯国の黒人人権団体が抗議した。白人の女性モデルが黒人少年の髪型を模したボンブリウ(鉄製たわし)で作ったかつらを装着して歩いた姿に反応したものだが、フラガ氏は「伯国で発祥の頃の草サッカーのイメージを表現したかった」と答えている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2013年2月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月5日付け […]
  • 東西南北2013年3月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年3月21日 […]
  • 東西南北2013年3月20日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年3月20日 […]
  • 東西南北2017年11月1日 東西南北  世界銀行発表のデータによると、2015年のブラジルには、1日の生活費が5・5ドル以下の貧困者が、国民の22・1%にあたる4550万人いた。貧困者の定義は1日の生活費が1・9ドル以下だったが、平均所得向上などで5・5ドルに改定された。労働者党(PT)政権初年の2003年は人口の […]
  • 東西南北2016年11月18日 東西南北  2016年という年は、ジウマ大統領の罷免とリオ五輪という、年表に載せるべきことが二つも起きており、ブラジル社会にとって歴史的に見て特別な年になるということに、多くの国民も同意すると思われる。だが、この年の混乱はまだまだ終わらない。ただでさえ、大統領と下院議長が罷免されたという […]