ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 まだ10代だった02年に両親を保険金目的で殺し、39年の実刑判決を受けて服役中のスザーネ・リシュトフェン実刑囚が18日、サンパウロ州地裁が彼女に出したセミ・アベルトの許可の実行延期を求めた。地裁の出した判断は昼間の外出を認めるもので、「いくら模範囚でも39年の実刑囚には早いのでは」と話題になっていたが、同実刑囚自身が渋るという異例の展開となった。同実刑囚はセミ・アベルトの実行により、現在収監中のところから別の刑務所に収監されるのを渋っているという。同実刑囚は移転先の刑務所は工事中だから、工事終了後に移りたいというが、刑法の専門家は「刑を決めるのは裁判所だ」と語っている。
     ◎
 19日午前、大サンパウロ市圏オザスコで、軍警のジルリアンドロ・ローザ・デ・ソウザ伍長(30)がバス停を襲った2人組の強盗に銃で撃たれて死亡する事件があった。同伍長はこの日、サンパウロ市東部で行なわれていた軍曹への昇級講座を受けるため、私服姿でバスを待っていたが、バス停で襲われて銃を抜こうとしたのを見られ、首筋を撃たれた上、銃を奪われた。2人組はこの日の午前、少なくとも3件のバス停強盗を行なった後だった。
     ◎
 19日に発表になったW杯後初となるセレソンのメンバーに対し、ネットでの反応は概ね好評ではあったが、フォワードのフッキとジエゴ・タルデリの2人に「弱い」との反応が多かった。代わりにファンが希望した名前で目立ったのはルーカス、アラン・カルデッキ、ガンソ、アレッシャンドレ・パトなど。いずれも新旧のサンパウロの選手だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に2014年5月30日 間違いだらけの地下鉄マップ=サンパウロで開催2週前に  ワールドカップ開催まであと2週間を切り、開催都市では本格的な観光客対策が迫られている。そんな矢先の28日、サンパウロ州の軍警が公表した、観光客に配る安全情報告知のためのパンフレットに記載された鉄道マップが間違いだらけであることが判明した。 しかも、間違いの数は少なくとも1 […]
  • 東西南北2017年5月20日 東西南北  来年のロシアW杯出場を決めているサッカーブラジル代表は、6月9日と13日に豪州メルボルンの地で、アルゼンチン、豪州と親善試合を行う。その代表メンバーが19日発表された。「欧州でプレーする何人かの選手には休暇が必要」との理由で、ネイマールは外された。今年2月に負傷したガブリエル […]
  • ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に2017年5月24日 ブラジリア=W杯スタジアム改修で汚職疑惑=水増し請求で工費が倍以上に  連邦警察は23日、ブラジリアのW杯スタジアム改修における経費水増し請求疑惑で、連邦直轄区元知事らを対象とするパナテナイコ作戦を決行したと同日付現地紙・サイトが報じた。  同作戦では逮捕令状10件、家宅捜索・押収令状15件、強制出頭令状3件が出され、ジョゼ・アルーダ元 […]
  • 東西南北2019年12月21日 東西南北  今年もあと2週間を切ったが、サンパウロ市民にとって年明けに気がかりなことの一つはバス代の値上げだ。昨年は3・8レアルから4レアル、今年も4レアルから4・3レアルに値上がりしており、来年はいくら上がるかとビクビクしている人もいるが、アゴラ紙によると、市は0・10レアルの値上げ、 […]
  • 東西南北2019年12月19日 東西南北  ボウソナロ大統領長男フラヴィオ氏の元職員で疑惑の主のファブリシオ・ケイロス氏への捜査が再開された。その一方で、最高裁は、連邦検察庁から要請が出ていた、昨年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺人事件に関する証拠隠滅容疑でのボウソナロ大統領と次男カルロス氏への捜査をお蔵入りさせた […]