ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 まだ10代だった02年に両親を保険金目的で殺し、39年の実刑判決を受けて服役中のスザーネ・リシュトフェン実刑囚が18日、サンパウロ州地裁が彼女に出したセミ・アベルトの許可の実行延期を求めた。地裁の出した判断は昼間の外出を認めるもので、「いくら模範囚でも39年の実刑囚には早いのでは」と話題になっていたが、同実刑囚自身が渋るという異例の展開となった。同実刑囚はセミ・アベルトの実行により、現在収監中のところから別の刑務所に収監されるのを渋っているという。同実刑囚は移転先の刑務所は工事中だから、工事終了後に移りたいというが、刑法の専門家は「刑を決めるのは裁判所だ」と語っている。
     ◎
 19日午前、大サンパウロ市圏オザスコで、軍警のジルリアンドロ・ローザ・デ・ソウザ伍長(30)がバス停を襲った2人組の強盗に銃で撃たれて死亡する事件があった。同伍長はこの日、サンパウロ市東部で行なわれていた軍曹への昇級講座を受けるため、私服姿でバスを待っていたが、バス停で襲われて銃を抜こうとしたのを見られ、首筋を撃たれた上、銃を奪われた。2人組はこの日の午前、少なくとも3件のバス停強盗を行なった後だった。
     ◎
 19日に発表になったW杯後初となるセレソンのメンバーに対し、ネットでの反応は概ね好評ではあったが、フォワードのフッキとジエゴ・タルデリの2人に「弱い」との反応が多かった。代わりにファンが希望した名前で目立ったのはルーカス、アラン・カルデッキ、ガンソ、アレッシャンドレ・パトなど。いずれも新旧のサンパウロの選手だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!2021年1月2日 【2021年新年号】東京五輪サッカー=恐るべき新世代の主力選手=ブラジル2連覇、なるか!  あくまで2021年7月までに感染爆発が収まっていた場合の話ではあるが、1年延期になっていた東京オリンピックが開催される。ブラジル的に気になるのはやはりサッカー。前回、2016年のリオ大会では、悲願の金メダル獲得を果たした。東京で2連覇がかかるわけだが、今大会でのセレソ […]
  • 東西南北2020年12月18日 東西南北  サンパウロ州が17日、サンパウロ市モノレール17号線の工事再開を宣言した。工事担当の建築企業体と新たな契約が交わされたためだ。同線はコンゴーニャス空港からCPTM9号線モルンビ駅までと、地下鉄5号線カンポ・ベロ駅までをつなぐもの。当初はサッカーW杯の行われた2014年完成の予 […]
  • 東西南北2020年12月11日 東西南北  11月に行われた市長選で再選したばかりのブルーノ・コーヴァス・サンパウロ市市長が、9日に癌治療の経過を見るための検査を受けた。癌発見は昨年で、化学療法を終えた後も癌が消滅しきらず、今年2月に免疫療法を始めていた。今回の検査によって、免疫療法の効果が出ていることが確認されたが、 […]
  • 東西南北2020年11月18日 東西南北  15日の統一地方選でボルソナロ大統領が惨敗したことは昨日付本面でも触れたが、大統領前夫人のロジェリア氏も、リオ市議選でわずか2034票しか集められず落選。また「アサイ販売人のボルソナロ氏の幽霊職員」として話題を呼んだヴァル・ド・アサイ氏もアングラ・ド・レイス市の市議選に出馬し […]