ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 まだ10代だった02年に両親を保険金目的で殺し、39年の実刑判決を受けて服役中のスザーネ・リシュトフェン実刑囚が18日、サンパウロ州地裁が彼女に出したセミ・アベルトの許可の実行延期を求めた。地裁の出した判断は昼間の外出を認めるもので、「いくら模範囚でも39年の実刑囚には早いのでは」と話題になっていたが、同実刑囚自身が渋るという異例の展開となった。同実刑囚はセミ・アベルトの実行により、現在収監中のところから別の刑務所に収監されるのを渋っているという。同実刑囚は移転先の刑務所は工事中だから、工事終了後に移りたいというが、刑法の専門家は「刑を決めるのは裁判所だ」と語っている。
     ◎
 19日午前、大サンパウロ市圏オザスコで、軍警のジルリアンドロ・ローザ・デ・ソウザ伍長(30)がバス停を襲った2人組の強盗に銃で撃たれて死亡する事件があった。同伍長はこの日、サンパウロ市東部で行なわれていた軍曹への昇級講座を受けるため、私服姿でバスを待っていたが、バス停で襲われて銃を抜こうとしたのを見られ、首筋を撃たれた上、銃を奪われた。2人組はこの日の午前、少なくとも3件のバス停強盗を行なった後だった。
     ◎
 19日に発表になったW杯後初となるセレソンのメンバーに対し、ネットでの反応は概ね好評ではあったが、フォワードのフッキとジエゴ・タルデリの2人に「弱い」との反応が多かった。代わりにファンが希望した名前で目立ったのはルーカス、アラン・カルデッキ、ガンソ、アレッシャンドレ・パトなど。いずれも新旧のサンパウロの選手だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず2021年6月10日 《ブラジル》サッカー代表がコパ・アメリカ開催を批判=ボイコットの声明は行わず  サッカーのブラジル代表(セレソン)は8日夜、政治的な判断でコパ・アメリカのブラジル開催などを決めた南米サッカー連盟(CONMEBOL)への抗議声明を発表した。だが、コパ・アメリカへの出場ボイコットは行わなかった。9日付現地紙、サイトが報じている。  声明の発表は8日 […]
  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 東西南北2021年6月3日 東西南北  ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行わ […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]