ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 聖州保安局が27日、9月の犯罪白書を発表した。聖市での強盗殺人は13件で、昨年9月より5件増え、州内でも昨年9月の26件より5件増の31件となった。強盗事件は聖市で20%、聖州で16・7%増。自動車を狙う窃盗事件も聖市で7・3%、聖州で3・4%増えた。殺人事件は聖州では11・9%減ったが、聖市では6・5%増加した。聖市内の強盗事件が最多発地区は南部ジャルジン・ミリアンの376件で、以下、パルケ・サントアントニオ、カンポ・リンポ(いずれも南部)と続いている。
     ◎
 パウリスタ大通りとブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通り(BLA)との交差点で27日午後、自転車走行中の配達人、マルロン・モレイラ・デ・カストロさん(35)がBLAをイビラプエラ方面に向っていたバスに轢かれて死亡した。目撃証言によると、マルロンさんはイビラプエラ方面からBLAを上って来たが、コンソラソン方面に向かおうとしてバスの前を横切るように左折したために轢かれたという。バスの運転手には過ちはなかったが、過失致死で調書がとられた。パウリスタ大通りには15年から3・8キロの自転車専用道の設置が検討されている。
     ◎
 26日の大統領選の結果を受け、現在トルコのチームでプレー中の女子バレーのエース、シェイラが「今、伯国には帰りたくない」とツィッターで発言し、物議を醸した。シェイラはジウマ大統領の再選がかなり不満だったようで、「全く、税金だって払っているというのに、PTなんかに…」と怒りのつぶやきが収まらなかった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年11月5日 東西南北  3日午後、先週から言われていた「今週は天候が崩れる」との天気予報どおり、大聖市圏に強い雨が降り、冠水被害などが見られた。降ったのは聖市北部や同東部より北の地域で、聖市中央部から南部では夕方以降に霧雨程度という不思議な雨の降り方ではあったが、それでもCPTM7号線が止まり、 […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、聖市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジ聖市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及んだ。これを作っ […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 9日に新インフラ整備計画を発表したときの様子(Foto: Lula Marques)2015年7月3日 伯国バブルは崩壊したか=経済立て直しの鍵は=再興に20余年かかる?  ルーラ政権時代(2003~10年)までの年平均5%の経済成長から一転、今やマイナス成長も目前で、年間インフレ率も8%を超え、さらにペトロブラスの大型汚職(ペトロロン)で政界腐敗も伝えられるなど、一時期の世界からの華々しい注目度から転げ落ちた感も否めない伯国。「バブルがはじ […]
  • ジウマ弾劾1千キロ行進=30人の一団首都に到着2015年5月26日 ジウマ弾劾1千キロ行進=30人の一団首都に到着  24日、日照りの下、ほぼ1000キロの道のりの大部分を徒歩やバス、自動車で行軍して来た約30人のグループが、27日にジウマ大統領に対する抗議活動を行うため、ブラジリアに到着したと25日付フォーリャ紙が報じた。 ブラジル自由運動(MBL)の呼びかけで組織された一行約30人は […]