樹海

 日本は台風が通り過ぎ秋の訪れ。サンパウロはまだ朝晩冷えるが、昼の陽射しはもうすぐ訪れる本格的な夏を感じさせる。時は流れ、コロニアの世代交代も進むが、明るい未来を感じさせる10月の言葉から▼琉球民謡保存会の創立20周年。沖縄本部から「文化は先人から受け継ぐだけでなく〃預かりもの〃」とのメッセージが伝えられた。なるほどと膝を打ったが、まさに当地は、その通りの世界が展開されている。沖縄イベント、舞台への思いはどの世代も熱い▼「汎アマゾニア日伯協会55年史」が完成した。執筆したのは、長年事務局長を務めた堤剛太氏。「会長だけでなく活動に携わった多くの人の名を残す」ことに心を砕いた。ポ語版も編集中だ。現在筆を進めるアマゾニア日伯協会の50年史は、日ポ両語で刊行する。未来に歴史を―との思いは、いつか繋がる▼トメアスーに駐在するフルッタフルッタ社の林健佑さん。現地文協の理事も務める。アグロフォレストリーで、日本からも注目を集める同地だけに、日本との窓口になる存在だ。第1回移民、山田元さんのような語り部同様、重要な存在だろう▼あちこちで噂になっているのが、ブラジル初の讃岐うどん店「Meu Gohan」。三世の水本良夫さんが「日本の味を伝えたい」と始めた。日本を知るデカセギ世代の頑張りで、当地日本食がさらに豊かになってほしい▼若手民謡家による「グループ民」の立ち上げ。大盛況の会場を見渡し、実行委員長の海藤紀世さんは「次はブラジル人対象の公演を」と意気込む。コロニアの芸達者たちも草葉の陰で喜んでいることだろう。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会2019年9月10日 移民の経験を評価し直すありがたい国際学会  「日系人にとって郷土料理とは何か」、「日系人にとって郷土とは何か」、「現在日本における『日本文化?』の流動性」、「言葉とアイデンティティの関係を過度に重視する問題」――などなど、気になるキーワードがたくさん専門家から語られた興味深い国際学会が4~6日に、聖市のジャパン […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、聖市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)2019年8月6日 日伯をつなぐ、知られざる名曲の数々(迷曲も)  「鐘が鳴ります 耕地の鐘が ほのぼの明けた 空に鳴る」―ブラジル熟年クラブ連合会(上野美佐雄会長)の『第43回熟年クラブ芸能祭』が7月28日にサンパウロ市の静岡県人会館で開催され、数十年ぶりに合唱曲「幸せがいっぱい」(会田尚一作詩)が披露された。  それを聞いた、夫の仕 […]
  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]