樹海

 日本は台風が通り過ぎ秋の訪れ。サンパウロはまだ朝晩冷えるが、昼の陽射しはもうすぐ訪れる本格的な夏を感じさせる。時は流れ、コロニアの世代交代も進むが、明るい未来を感じさせる10月の言葉から▼琉球民謡保存会の創立20周年。沖縄本部から「文化は先人から受け継ぐだけでなく〃預かりもの〃」とのメッセージが伝えられた。なるほどと膝を打ったが、まさに当地は、その通りの世界が展開されている。沖縄イベント、舞台への思いはどの世代も熱い▼「汎アマゾニア日伯協会55年史」が完成した。執筆したのは、長年事務局長を務めた堤剛太氏。「会長だけでなく活動に携わった多くの人の名を残す」ことに心を砕いた。ポ語版も編集中だ。現在筆を進めるアマゾニア日伯協会の50年史は、日ポ両語で刊行する。未来に歴史を―との思いは、いつか繋がる▼トメアスーに駐在するフルッタフルッタ社の林健佑さん。現地文協の理事も務める。アグロフォレストリーで、日本からも注目を集める同地だけに、日本との窓口になる存在だ。第1回移民、山田元さんのような語り部同様、重要な存在だろう▼あちこちで噂になっているのが、ブラジル初の讃岐うどん店「Meu Gohan」。三世の水本良夫さんが「日本の味を伝えたい」と始めた。日本を知るデカセギ世代の頑張りで、当地日本食がさらに豊かになってほしい▼若手民謡家による「グループ民」の立ち上げ。大盛況の会場を見渡し、実行委員長の海藤紀世さんは「次はブラジル人対象の公演を」と意気込む。コロニアの芸達者たちも草葉の陰で喜んでいることだろう。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ2018年12月4日 エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ  「日本で活躍するブラジル人」という言葉は、死語に近いと思っていた。日産のカルロス・ゴーンはブラジル人としては別格的な存在だったが、先日逮捕された。とはいえ、普通の日本の日本人にとっては、「フランス人」の印象の方が強かったのではないか。  かつて20人近くのコロニア力 […]
  • 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ2018年11月27日 《ブラジル》NHKのど自慢の決勝大会で優勝した平田ジョエが、日本でプロデビューしなかったワケ  「日本で8万人の中からボクが1位に選ばれたんだ。生涯であれほどうれしいことはなかった。細川たかしから『プロにならないのか?』って聞かれたんだよ」――平田ジョエさん(51、三世)はまるで昨日のことのように1994年3月のことを思い出す。  クルツゥーラTV […]
  • 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき2018年11月13日 「隠れ移民大国」日本は、キチンとした移住政策をとるべき  『文藝春秋』11月号には《安部政権最大の失政/亡国の「移民政策」》という刺激的な特集が40ページも組まれている。これを読んで驚いたが、実は日本は「隠れ移民大国」だった。  《現在、日本で暮らす外国人数は、約二百五十六万人(二〇一七年末時点。法務省の在留外国人統計)。 […]
  • 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画2018年6月26日 《ブラジル》皇后陛下が見たいのに東宝社長が欲しくない映画  「どうしたら貴方の映画がみられるの?」――皇后陛下は山崎千津薫監督にそう尋ねたという。1996年3月、FHC大統領が国賓として日本を訪問した際、山崎監督は随行員に選ばれた。東京で両陛下に謁見した際、「ルッチFHC夫人から『日本移民の映画を作った監督』として私は紹介され […]