ホーム | エンブラエル 関連記事 (ページ 10)

エンブラエル 関連記事

サンジョゼでも百周年記念事業=日伯の融合表す記念庭園=高さ16メートルの大鳥居も

ニッケイ新聞 2007年12月12日付け  ヅットラ街道の日系集団地、サンジョゼ・ドス・カンポスで百周年に向けた記念事業計画が進んでいる。日伯文化の融合を表す公園に、高さ十六メートルの鋼鉄製の鳥居を設置するもので、同地の日本移民百周年準備協会(Associacao Pro-comemoracao de Centenario em ...

続きを読む »

亜次期大統領=エネ協定打診で来伯=PB合弁で亜大陸棚も試掘

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

亜国初の女性大統領=実質上の現政権続投=ブラジルを囲むア・ボ・ヴェ共同前線=微妙な雲行きのメルコスル

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

実業のブラジル=8月号が発売

2007年8月24日付け  「実業のブラジル」八月号がこのほど、実業のブラジル社から発行された。各日系書店で販売している。  今月号は高木登氏による「世界に拡大するサブプライム問題」「自動車各社、アルゼンチンに進出」「エンブラエルに対抗できるか日の丸飛行機」など。  問い合わせは同社(11・3287・8716)まで。

続きを読む »

輸出支援包括案を上程=財務相=為替差損対策に=免税、低利融資に関税見直し=専門家筋「一時しのぎ」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

丸紅ブラジル=旅客機売った中村氏帰朝=前田氏は積極投資に前向き

2007年5月30日付け  丸紅ブラジル会社の中村純一社長(58、山口県)が帰朝することになり、後任の前田一郎氏(55、兵庫県)とともに二十八日に来社した。  中村氏が着任したのは〇三年七月。任期中には東京と一緒になり、エンブラエル社の小型ジェット旅客機E170をJAL(日本航空)に販売する契約を取りまとめた。確定十機に加え、追 ...

続きを読む »

不足する優秀な人材=10年間に人的投資減り=大手企業は自社育成に躍起

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

小型戦闘機が墜落=悪天候で視界失い塔に接触=ロライマ州

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

日航、来年ブラジル路線30周年=西松社長「一層力入れる」

2007年3月10日付け  〇六年六月に日本航空の社長に就任したばかりの西松遙氏は六日、サンパウロ市で開催された日伯経済合同会議で発表し、来年がブラジル路線就航三十周年にあたることから、より人的交流促進に尽力したいとの抱負を語った。  同社は二月二十一日にエンブラエル社製の170型機を十機購入することを発表したばかり。「戦略的に ...

続きを読む »

ブラジルの新年展望=守りから攻めへ=企業移住の時代来る

2007年1月1日付け  【エスタード・デ・サンパウロ紙十月五日】ブラジルの二〇〇七年は、企業移住時代といえそうだ。国際市場へ打って出るには、ブラジルの英雄である必要はない。企業の国際化を図ることだ。外国で活躍するブラジル企業は、製造業に始まり運送、物流、フランチャイズ、銀行業、農作物栽培、工事請負など多岐にわたっている。一方、 ...

続きを読む »