ホーム | 山崎チズカ 関連記事

山崎チズカ 関連記事

故千葉勇氏を偲び=掛け橋シンポ、3日

宮村副会長(左)と中沢会長

 記念誌制作のため、毎月会合を重ねる日伯友好掛け橋協会(中沢宏一会長)が、3日午後1時半から第6回シンポジウムを宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で行う。今回は今年8月にがんで逝去した、精神科医でベストセラー作家の千葉勇氏を偲び、同氏の功績を振り返る。 千葉氏が3月、同志を集め立ち上げたブラ ...

続きを読む »

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年8月8日付け  6月18日の「移民の日」を祝う催しが、日本でもあった。「コレージオ・ブラジル・ジャパン」校長の篠田カルロスさんは6月17日、同校で移民の歴史を紹介する催しを開いたそうだ。篠田さんが収集した写真など100点以上の資料を展示し、映画『ガイジン』(山崎チズカ監督)の上映や六月祭にちなんだ子供達の ...

続きを読む »

日本みどりの会=ブラジルを知ろう=〃伯映画の夕べ〃開催

ニッケイ新聞 2008年8月8日付け  【熊本通信部発】有志でつくるブラジル友好グループの「日本みどりの会」(清田和之代表、本部・熊本市)は七月三十一日、熊本市のレストラン「さくらさくら」でブラジル映画の夕べを開いた。  四十人以上の参加者は、ブラジルの代表的な映画「黒いオルフェ」(マルセル・カミュ監督)を鑑賞し、カイピリーニャ ...

続きを読む »

今年もエスタード紙特集=日本移民記念で12頁も

2007年7月19日付け  エスタード・デ・サンパウロ紙は十七日付けで「第三の波(ア・テルセイラ・オンダ)」と題した日本人移民の特集号(全十二ページ)を発行した。  「日伯~二十一世紀のパートナー~」では来年に向けての日伯関係、デジタルテレビ、日本へのデカセギなどについて、島内憲在伯日本国大使に取材。  「第三の波に対する協力投 ...

続きを読む »

エタノール売り込みに慎重論=ルーラ大統領訪日=安定供給に不安=開発相と農相の間にあつれき

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い ログイン. あなたは会員ですか ? 会員について

続きを読む »

日本語ふれあいセミナー=全伯少年少女合宿=パラグァイ、ボリヴィア=初めて参加へ

1月14日(金)  ブラジル日本語センター(谷広海理事長)は十八日から二十一日まで、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の北海道交流センターで「第六回日本語ふれあいセミナー(全伯少年少女交流合宿)」を実施する。ブラジル日本語教育の活性化と将来の人材育成を目的にしたもの。パラグァイ、ボリヴィアが今回、初めて参加。それぞれ七人の生徒がブ ...

続きを読む »

ミスにナカザワさん=日本祭りの今年の顔

7月27日(火)   二十四人の並み居る美女を抑えて、「ミス・フェスティバル・ド・ジャポン」二代目ミスの栄冠を手にしたのは、サンパウロ市在住のファニー・ナカザワさん(三世、21)。茨城県人の血を引く学生で、夢は弁護士になることという。  優勝賞品はエアー・フランスの日本往復チケット(フランスで二泊滞在付き)。昨年のミスに続き、T ...

続きを読む »

サンパウロ市の日本文化=1冊にまとめる=JBC出版

6月25日(金)   サンパウロの「日本」に関する情報を丸ごと紹介した「ギア・ダ・クルツラ・ジャポネザ 日本文化ガイドブック」(JBC)の出版記念会が二十九日夜、パウリスタ通り37の国際交流基金サンパウロ日本文化センターである。  映画監督の山崎チズカさんがゲストとして出席する予定。制作中の映画「ガイジン2」の予告DVDが上映さ ...

続きを読む »

文協ニンマリの盛況=『高級』晩餐会=400人が食べて歌って

5月19日(水)  ブラジル日本文化協会(上原幸啓会長)は十七日夜、サンパウロ市のビュッフェの老舗「バイウーカ」で晩餐会を開いた。伸び悩む会員の拡充と、関係協力者の親睦を図って企画された、この晩餐会には日系有力者ら四百人以上が出席。食べて飲んで歌って、忍び寄る寒冷を吹き飛ばす、熱気に溢れた一夜となった。  西欧の古典的な宮殿を模 ...

続きを読む »

コラム オーリャ!

  サッカー日本代表のジッコ監督、タンクレード元大統領、マルタサンパウロ市長、F1のセナ、タレントのシュシャ、作曲家のヴィラ・ロボス……。  彼らはみな三月の生まれである。ほかに歌手のエリス・レジーナ、女優のレイラ・ジニス。その人生と作品を回顧する実録映画が上映中のグラウベル・ロシャ監督もいる。  映画でとりわけ印象に残るのは冒 ...

続きを読む »