ホーム | 食・音楽 | グルメ情報 | ヴェージャ紙「おいしくて安いで賞」アジア料理店『Tian』
アジア料理 Tian
料理は美味しいけど、満席になるとうるさい! 早めの入店がお勧め。

ヴェージャ紙「おいしくて安いで賞」アジア料理店『Tian』

 もしや、都市伝説? 今年のヴェージャ紙で、聖市高級住宅街イタイン・ビビ区のとあるレストランが「おいしくて安いで賞」に輝いたという。同区に安くてうまい店なんて本当に存在するのか? 自分の舌で確かめるべく、忍者ぐるめ隊出動だ!

ズラリと高級な店構えの店が並ぶ同区にあって「Tian」は思いのほかシンプルだ。当地では珍しいアジア料理店。店内に侵入し、「あのう~、アジア料理ってどの地域の料理ですか?」と凡人を装い尋ねると、「タイ、中国、日本。メキシコ風ブラジル料理もあるよ」との返事が返ってきた。いつの間にやらメキシコがアジア入り。これは噂の環太平洋料理か? なんだか怪しいにおいがプンプンだ。

怪訝そうな隊員をよそに、「一皿は少量だけど、皆で分けて食べても構いませんよ」と断る店員。同区の高級イタリア店で「二人で分けたい」と言って嫌な顔されたのが、つい最近のこと。料理を分け合うスタイルを普及しようなんて中々チャレンジャーだ。

タイ風の牛肉サラダやパッタイ(焼きそば)など運ばれてきた料理をつつくなり、不審で曇っていた某隊員の表情が「こ、これは本場の味だ!」と至福に輝いた。

ところがタイ経験のある別隊員は、「本場はもっと辛いよね。日本人が『本場』と思いがちな味だな」と口では冷静に品評しつつ、その手は飢えた落ち武者のごとく料理をかきこんでいた。なんだ美味いんジャン。

代金は4人で360レ也。安くはないが、イタイン・ビビで一人90レなら悪くない。「おいしくて安い」は本当だが「本場の味」ではない―が隊員の結論か。中華や日本食に飽きた人は、ぜひ足を運んでみては。

◆ アジア料理 Tian

【営業時間】正午~午後3時(土は午後4時まで)、午後7時~11時(木~金は午前0時まで)、日曜は正午~午後5時
【住所】Rua Jerônimo da Veiga, 36, Jardim Europa
【電話】11・2389・9399

 

「忍者ぐるめ隊」欄は、本紙記者が市内レストラン等をこっそりと〃お忍び〃で訪れ、日本人の視点から味・接客対応・トイレの清潔度をチェックして、ばっさりコメントするコーナーです。評価欄は、手裏剣1つは「普通」、2つは「旨い」、3つは「最高」で、〃要注意〃には爆弾マークが付きます。(《註》なお、この欄はほぼ冗談です。お店の方、本気にしないで)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボリーニャ2014年4月11日 〃老舗〃フェイジョアーダ専門店 『ボリーニャ』  ブラジルを代表するおいしい料理といえば、何といってもフェイジョアーダ。えっ、典型的すぎる? いやいや、多国籍料理も良いけれど、やっぱり定番は郷土料理でしょ。昔の日本移民は最初食べられなくて困ったとの話も聞くが、西洋料理になれた現代の日本人には抵抗はない。むしろ異国の料理なのに […]
  • 入口2014年7月14日 禁断の味の魚を食べさせる店 『Rancho da TRAIRA』  「禁断の味の魚を食べさせる店がある」という噂を聞いた読者から、「確かめてほしい」との通報を受けた。しかも「店主は日本人だが日本食ではない」らしい。いったいどんな〃禁断の味〃が待ち受けているのか。さっそく忍者ぐるめ隊出動だ!! メトロのアナ・ローザ駅から坂を下って徒歩10分 […]
  • 実物を見ながら注文する2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 ギリシア料理『ACROPOLES』  20日に控える第二戦のお相手ギリシャは、FIFAランキングではなんと12位。48位の日本を軽くしのぎ、代表選手らは身長が高く屈強な、ギリシャ彫刻のような体格の持ち主ばかり。もし一戦目が引き分け(敗北は想定外)の場合、3戦目の強豪コロンビアに比べれば、ここで何とか一勝したい […]
  • 新鮮なちらし寿司2013年12月6日 フォーリャ紙「最高の新日本食レストラン」『勘』 いよいよ「忍者グルメ隊」初出動だ! 日本の農水省は以前「スシポリス」を出動させて、海外に蔓延するニセ日本食に判定を下そうとしたが、ブラジルでは我々民間が勝手に出動だ。こっそり食べて判定を下すゾー。 最初の標的にふさわしい店を探すと、開店1年にも満たないのに早速フォーリャ紙で「最 […]
  • ビラード・ア・アパウリスタのようなバンデハ・パイサ2014年6月20日 W杯特集「戦うにはまず敵を知れ!」 コロンビア料理『Guanahani』  25日にクイアバで対戦するのは、南米予選を2位で突破し4大会ぶりのW杯出場となる強敵コロンビア。この試合で決勝リーグ進出かどうかを決める、天下分け目の一戦になる可能性が高い相手だ。 人口・経済ともに堂々南米3位、有数のコーヒー産地でもあるが、内戦、コカイン、殺人…など危険 […]