ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | メキシコでブラジル人男性の遺体=現地警察は転落死を有力視

メキシコでブラジル人男性の遺体=現地警察は転落死を有力視

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(10)2017年11月25日 回想=渡満、終戦、そして引き揚げ=浜田米伊=(10)  コーヒーの木が小さい時は間作といって、その間、色々な雑穀を植えるのです。米は中へ4通り、フェジョン、大豆、ミーリョ(とうもろこし)と色々な種を蒔きました。どこの家もポルコは太らせて売りますから、ミーリョが一番必要なものです。米の収穫などで、倉庫も建てました。  私の家は主に […]
  • 2009年6月24日 ADESC婦人、ボリビアへ=連載(1)=婦人セミナーが繋いだ交流=ボ国3カ所、5日間の旅  農協婦人部連合会(ADESC、内海千代美会長)の二十二人が先月二十五日からボリビアを訪れ、同国日系コロニアとの交流、現地視察の旅行を行なった。ADESCはこれまでにパラグアイを二度訪れており、今回が三度目の国外訪問。一行は二十九日まで五日間をかけてサンタクルス市、サンフアン移 […]
  • 『闇の一日』の撮影の様子(IMJ提供)2015年5月30日 レジスタンス記念館で上映会=勝ち負け抗争描く『闇の一日』  勝ち負け抗争における脇山甚作事件実行者の一人、日高徳一さんの話を中心に当時の社会背景を描いたドキュメンタリー映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会が、サンパウロ市の州立レジスタンス記念館で6月6日午後2時から「土曜レジスタンス」の一環として行 […]
  • 忍び寄るインフレ=バスを引き金に庶民の懐を2010年1月22日 忍び寄るインフレ=バスを引き金に庶民の懐を ニッケイ新聞 2010年1月22日付け  FIPE(サンパウロ大学経済調査部)は19日、1月4日からの路線バス料金の17%値上げが、サンパウロ市民の懐にはインフレの引き金になったと発表したことを20日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。 […]
  • 東西南北2007年3月27日 東西南北 2007年3月27日付け […]