ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》4割が勤務形態ハイブリッド希望=柔軟性と同僚との交流願い

《ブラジル》4割が勤務形態ハイブリッド希望=柔軟性と同僚との交流願い

在宅勤務の様子(Agência Brasil)

 Vaga社が行った調査で、労働者の4割は在宅と対面の両方を兼ねたハイブリッド形式を希望している事が分かったと16日付現地サイトが報じた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会インターナショナル=設立総会で長屋氏会長就任=古田知事「魅力を世界に発信して」2021年6月5日 岐阜県人会インターナショナル=設立総会で長屋氏会長就任=古田知事「魅力を世界に発信して」  【既報関連】世界中の岐阜県人をつなぐ「岐阜県人会インターナショナル(GKI)」の設立総会が、5月22日22時(日本時間5月23日10時)にオンラインで開催された。世界各国24県人会、約90人が参加し、「岐阜愛を繋ぐ」をモットーに、世界に岐阜県の魅力を発信することを誓っ […]
  • 日本語とポルトガル語の遠さ2017年1月17日 日本語とポルトガル語の遠さ  コラム子の実家は静岡県沼津市にあり、朝に晩に霊峰富士を見ながら育った。体力自慢の父親からは、「若い頃は工場の勤務が終わった後に、夜9時頃から富士宮駅から徹夜で歩いて、朝までに富士山頂へ行った」という話を百回ぐらい聞かされた▼ふと調べてみると、富士宮駅から富士宮ルート五合目 […]
  • 経営難の中小銀行を支援=信用保証基金が10億R$限度に2004年12月18日 経営難の中小銀行を支援=信用保証基金が10億R$限度に 12月18日(土)  【エスタード・デ・サンパウロ紙十七日】政府は十六日、経営危機に陥ったサントス銀行に金融当局が介入して以来預金引出しが続き、資金難に陥っている中小銀行の新たな支援策を発表した。 […]
  • コラム 樹海2003年6月26日 コラム 樹海 […]
  • ブラジリア=幹線道路で高架橋の崩落事故=再三の修繕勧告無視され=かつての未来都市も老朽化2018年2月8日 ブラジリア=幹線道路で高架橋の崩落事故=再三の修繕勧告無視され=かつての未来都市も老朽化  ブラジルの首都ブラジリアを走る、エイションこと、連邦直轄区道2号線(DF―002)の高架橋部分が7日の午前11時45分に落下したと、7日付現地各紙が報じた。  エイションは、エイショ・モヌメンタルと呼ばれる、官庁街、最高裁判所、大統領宮などが立ち並ぶエリアを通る幹線 […]