ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ペルー》大統領選で史上まれに見る大接戦=カスティーヨ氏僅差でリード

《ペルー》大統領選で史上まれに見る大接戦=カスティーヨ氏僅差でリード

 6日に行われたペルーでの大統領選が歴史上でも稀に見る大接戦となり、開票が終了しても法廷闘争で結果確定が先延ばしになる可能性が生まれている。9日付現地紙などが報じている。
 今回のペルー大統領選は4月11日に行われた一次投票の時点から激しく票が割れており、18・92%を獲得した急進左派のペドロ・カスティーヨ氏(自由ペルー)と、13・41%で続くアルベルト・フジモリ元大統領の娘で保守派のケイコ・フジモリ氏(人民勢力党)が決選投票に進んでいた。
 決選投票日の6日に行われた出口調査の結果も接戦で、ケイコ氏が50・3%でカスティーヨ氏を振り切るとの結果が出ていた。

 開票当初はケイコ氏がリードしていたが、開票率が94%を過ぎた時点で、農村部や貧困層に強いカスティーヨ氏が逆転して差を少し広げるなど、全く予断を許さない状態が続いている。
 ケイコ氏は8日にカスティーヨ氏側の不正を訴えており、それがさらに開票を緊迫したものにした。
 9日午前、99・795%の開票が終わった時点の得票率は、カスティーヨ氏が50・206%、ケイコ氏が49・794%。わずか7万1764票の差でカスティーヨ氏がリードしている。
 だが、きわめて僅差のため、在外投票分の開票後も、不正の有無を調べるための再集計が行われる可能性もあり、正式な結果発表は先延ばしされそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年8月26日 大耳小耳  日帰りで19日、サンパウロ市からリオを訪れた県連バスツアーの一行。ジャパンハウスを訪問した後は自由行動となり、呉屋春美文協会長などはセントロへ。その道中なんと、地下鉄の車両内でばったりリオ文協のダビ・レアル理事と遭遇したそう。4月にボサノヴァショーを両団体が共催したので、お互 […]
  • 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=202014年9月25日 花嫁移民=海を渡った花嫁たちは=滝 友梨香=20  抱いている児の他に、年子らしい子が四人テーブルにつき、コップに入れてもらうコカコーラが、「あの子が少し多い、あっ、入れすぎた、あっ、少ない」とキー、キュー叫んで、ふた親を困らせることが、一人娘で育った私には興味深かかった。 「埼玉県にまだ両親がいるけれど、こんなでは、日本 […]
  • 住宅ローンへの融資増額へ=年利12%、上限は35万レアル2005年7月30日 住宅ローンへの融資増額へ=年利12%、上限は35万レアル 2005年7月30日(土) […]
  • この掲載記事データは朝日新聞ではなく、日本報道検証機構から送られたもの2015年6月10日 これって誠意ある対応?=朝日新聞が訂正記事を掲載  【既報関連】朝日新聞の誤報問題で、同紙は8日付け夕刊で訂正記事=写真=を掲載した。 1日付け夕刊記事の見出しおよび内容について、本紙が抗議したことを受けたもの。 しかし、この掲載記事は、電話、メールで謝罪した高野弦(ゆずる)・国際報道部長代理が送ったものでも、 […]
  • PMDB=振るわないサンパウロ州支部=クエルシア退陣後に期待2009年2月12日 PMDB=振るわないサンパウロ州支部=クエルシア退陣後に期待 ニッケイ新聞 2009年2月12日付け […]