ホーム | Free | ブルーツリー=年末年始に三つの特別プラン=元旦おせちはチーム・ジャパンで

ブルーツリー=年末年始に三つの特別プラン=元旦おせちはチーム・ジャパンで

おせち料理(参考写真、実際の料理とは異なります。「フリー写真素材ぱくたそ」より)

おせち料理(参考写真、実際の料理とは異なります。「フリー写真素材ぱくたそ」より)

 サンパウロ市のブルーツリープレミアム・パウリスタ(Rua Peixoto Gomide, 707)では年末年始向けの特別プランを三つ用意している。
 一つ目は「クリスマスディナー」で24日午後8時から。14日までに予約すれば一人160レアル、それ以降の予約なら180レアルになる。
 二つ目は「年越しディナー」。最後の夜をバイキングスタイルの豪華な食事で過ごすもの。31日午後8時から、一人430レアル。
 三つ目は、12年目を迎えた恒例の「元旦おせち」。新年だからこそ、食品関係の日本進出企業が団結して食材を提供する「チーム・ジャパン」で取り組むという。
 1月1日午後1時、予約は100人限定。14日までに申し込めば一人220レアル、それ以降は230レアルになる。
 同ホテル広報は「最上のおもてなし空間をしつらえて、皆さんのお越しをお待ちしております」とのこと。
 予約や問合せは電話(11・3147・7000、11・99831・1328、内村明美)まで、メールならkakemi@bluetree.com.brまで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 若年飲酒の事故やまず=酒類販売制限の制定急務2015年3月10日 若年飲酒の事故やまず=酒類販売制限の制定急務  2月28日にサンパウロ州バウルー市でサンパウロ州立大学(Unesp)電気工学部の4年生が大量のウォッカを飲んで死亡した例は珍しいことではなく、ブラジルでは36時間ごとに20代の若者1人が急性アルコール中毒で亡くなっている。2012年には20代の若者242人、全年代では69 […]
  • チエテで事故、一人死亡=運転手のギア操作ミスで2014年2月18日 チエテで事故、一人死亡=運転手のギア操作ミスで ニッケイ新聞 2014年2月18日  サンパウロ市北部チエテ・バスターミナルのプラットフォームで16日夜、停止したはずのバスが動き出し、乗車しようとした乗客ら5人を轢き、利用客1人が死亡、従業員3人を含む4人が負傷する事故が起きた。17日付G1サイトなどが報じた。  事故を起 […]
  • 《ブラジル》選挙高裁が判事出身女性上議「女モロ」を当選無効に=汚職防止訴えたはずが2019年12月12日 《ブラジル》選挙高裁が判事出身女性上議「女モロ」を当選無効に=汚職防止訴えたはずが  選挙高裁(TSE)は10日、「女モロ」と呼ばれて注目されていた、判事出身の上院議員ジュイーザ・セウマ氏(ポデモス)を、隠し口座(二重帳簿)を使った収賄疑惑で当選無効と見なし、罷免した。11日付現地紙が報じている。  マット・グロッソ州選出のセウマ氏は、昨年10月の上議選に社 […]
  • サンパウロ州のがんの現状発表=肺は手遅れ多く2003年12月2日 サンパウロ州のがんの現状発表=肺は手遅れ多く 12月2日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙】サンパウロ州内の公立病院と、統一保健システム(SUS)と提携する私立病院五十二院では、ここ三年間に七万八千四十人のがん患者が新たに記録された。 […]
  • 2013年3月8日 舞踏家=大野慶人と当地の深い絆=時代の〃開拓者〃の共感=(下)=東北の「暗黒」秘めた踊り=伝統から生まれたモダン ニッケイ新聞 2013年3月8日  「大野一雄は終戦後すぐに踊り始めました。というか——踊らざるをえなかった。『みんなの魂を慰めないと』と真剣に思ったようです」。最初はドイツ表現主義的モダンダンスだったが、徐々に独自の境地に目覚めていく。特に、一雄同様にカリス […]