ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》祖国を愛するなら金をつかえ?=政府が珍経済キャンペーンを発表

《ブラジル》祖国を愛するなら金をつかえ?=政府が珍経済キャンペーンを発表

 ブラジル政府は3日、7日の独立記念日前後の日々を愛国ウィークとして、企業には割引セールの実施を、国民にはそれらを利用しての消費を喚起するキャンペーンの実施を発表した。
 6日から15日までのキャンペーン期間は「ブラジル週間」と名づけられ、ブラジル全土で4680社以上が商品、サービスの割引を行う。政府としては、国民がこれに呼応して金を使うことで、内需拡大、経済活性化果たす狙いだ。
 このキャンペーンには国営通信会社のEBCも参加。「我々に帰属するもの(商品、サービス、観光資源、経済など)の価値をもっと認めよう」という、「国を愛するなら消費せよ」と言わんばかりの謎のメッセージが拡散される。
 ボウソナロ大統領はこのキャンペーン発表の場で、「今はまさに、我々は国旗の色、黄色と緑、そして、そこに書かれているモットー、『秩序と進歩』が表す国の誇りを取り戻そうとしている時だ。ブラジルは必ず今の不況から脱出する。皆が一つとなって、これまでとは違う、新しいブラジルをつくろう。予算は厳しいが共に前進し、この苦境を脱しようではないか」と語った。政府の狙いは、毎年消費が落ち込みやすい9月の消費を盛り上げることだ。
 大統領府社会通信局長のファビオ・ワインガルテン氏は、「消費を盛り上げるための日は全て、定着させるのに時間がかかる。ブラックフライデーも定着するのに時間がかかったし、今でも小売業界はその周知に努力しているところ」と語った。(3日付アジェンシア・ブラジルより)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手2019年9月17日 ■ロベルト・レアル死去■ポルトガル出身の異色歌手  ポルトガル出身の異色の歌手として人気だったロベルト・レアルが15日、皮膚がんの一種のメラノーマのために亡くなった。67歳だった。  ロベルトは1951年にポルトガル北部のマセド・デ・カヴァレイロスで生まれたが、11歳のときに、両親や9人の兄弟と共にサンパウロに越してきた。 […]
  • ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に2019年9月14日 ボウソナロが映画検閲か?=軍政時代のゲリラ描いた映画が公開無期延期に  「ボウソナロ政権が映画の検閲を開始か?」―。そうした憶測はすでに数カ月前から起こっていたが、「それが現実になるか」と思われる出来事が起こった。  12日、映画配給会社のO2フィルムズは、同社が11月20日から公開する予定だった映画「マリゲーラ」の公開が無期延期になったと発表 […]
  • 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ2019年9月17日 《サンパウロ市》来年末までに10の新公園=目玉となるのはアウグスタ  2020年末までに、サンパウロ市役所は市内に10カ所の公園を開園する予定だと、14日付現地紙が報じている。  これは市が今年4月に公表した「プラノ・デ・メッタス」と呼ばれる計画の一環で、2020年末、つまりブルーノ・コーヴァス市長の任期終了までに、10の公園を作るというもの […]
  • 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に2019年9月12日 《ブラジル》中傷や詐欺でモデルを告発=ネイマールの強姦疑惑で話題に  サンパウロ市警は10日、人気サッカー選手、ネイマールを強姦罪に陥れようとしたモデルのナジーラ・トリンダーデ容疑者を中傷や詐欺などの容疑で告発した。  ナジーラ容疑者は6月に、「5月にパリのホテルでネイマールに強姦された」と訴えた。2人はインスタグラムで知り合い、ネイマールが […]
  • 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル2019年9月14日 《ブラジル》積立退職金の支払い措置で銀行の営業時間延長=景気刺激策で最大500レアル  【既報関連】13日から始まった勤続期間保障基金(FGTS)の支払いのため、FGTS取り扱い銀行の連邦貯蓄銀行(Caixa)は、営業時間を延長して対応していると、12、13日付地元ニュースサイトが報じた。  ブラジル政府は、景気刺激策として、FGTS口座からの引き出しを1口座 […]