ホーム | ビジネスニュース | Sabesp53%の減益=水不足の2重ショック=節水ボーナスが財政直撃

Sabesp53%の減益=水不足の2重ショック=節水ボーナスが財政直撃

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 9日の記者会見の模様(Roberto Stuckert Filho/PR)2015年6月10日 新ろ過装置は期待はずれ?=予定の32%しか生産増えず=無入札の設置業者選定に疑問も  聖州での水危機が深刻化した昨年、浄水の生産量を拡大するため、2650万レアルで緊急契約され、サンベルナルド・ト・カンポ市にあるリオ・グランデ水系(SRG)の浄水場(ETA)に設置されたろ過装置の性能が、昨年9月に聖州水道公社(Sabesp)が公表していた、「毎秒の浄水生産 […]
  • 15.24%の水道代調整を認められたSabesp(Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)2015年5月6日 Sabesp=水道代15%値上がりへ=全国のダム貯水量にも不安  カンタレイラ水系を中心に14年から水危機が叫ばれる中、聖州水道公社(Sabesp)に水道代を15・24%調整する許可が下りたと5日付伯字紙が報じた。 大聖市圏やカンピーナス地方の給水源であるカンタレイラの水危機は、同公社に、節水やボーナス(割引)による減収、〃未開の水域〃 […]
  • 水問題を巡る会合後の記者会見(1月30日、左からジェラウド・アウキミン聖州知事、アロイジオ・メルカダンテ官房長官、イザベラ・テイシェイラ環境相、José Cruz/Agência Brasil)2015年2月4日 水や電気への不安募る=国内総生産は2%低下?=工業界に迫られる節約や再利用  南東伯中心に水や電力の供給不安が広がる中、水や電力の供給制限が行われれば、今年の国内総生産(GDP)は2%程度落ちるとの見解も発表されたと1日付エスタード紙などが報じている。 クレジット・スイッセ銀行は、電力供給が制限された時のGDPは1・5%、水の供給制限も重なればGD […]
  • 水がある南部に移転?=聖州の飲料、製紙業者たち2014年10月28日 水がある南部に移転?=聖州の飲料、製紙業者たち  聖州の飲料製造業者や紙・パルプ業者らが、聖州以外の地域への移転を含めた投資計画を立案中と25日付フォーリャ紙が報じた。 聖州ではここ数年、降水量より取水量が多い状態が続き、カンタレイラ水系などの貯水量が減少している。それに対していち早く対策を講じ始めたのが前記の業界だ。  […]
  • サンパウロ州で再び水危機到来?=カンタレイラの水位低下=全水系で先回水準下回る2018年6月14日 サンパウロ州で再び水危機到来?=カンタレイラの水位低下=全水系で先回水準下回る  サンパウロ州の水がめであるカンタレイラ水系始め、主要5水系の水位が2014/15年の水危機前を下回っており、新たな水危機に陥らないためには水源確保や節水などの努力が必要と13日付現地紙が報じた。  12日現在で比べた場合、カンタレイラ水系の貯水量は45・7%で、水危機前の1 […]