ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ジカウイルス=小頭症の事例2千超す=輸血での感染例も確認

こちらの記事もどうぞ

  • ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認2016年1月8日 ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認  保健省が5日、2日現在、ジカウイルス(ジカ熱)が原因と見られる小頭症の事例は20州と連邦直轄区684市で計3174件に及び、12月26日現在の2975件より6・6%増加したと発表と6日付エスタード紙が報じた。 小頭症が最も多い州はペルナンブコの1185人(151市)で、パライ […]
  • ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加2015年12月24日 ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加  小頭症増加とジカウイルス(ジカ熱)の関係確認などで、保健省が22日、1月末までに全戸訪問を行い、ネッタイシマカの発生源撲滅を公約したと23日付伯字紙、サイトが報じた。 感染症撲滅のための活動を展開中の保健省職員4万3900人と陸軍兵の他、26万6千人を新たに動員、デング熱やチ […]
  • ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される2015年12月19日 ペルナンブコ=6日間で小頭症児3人死亡=視覚障害なども懸念される  全国で最も小頭症の事例が多いペルナンブコ州で、6日間に3人の小頭症児が死亡していた事が確認されたと18日付エスタード紙が報じた。 小頭症は北東伯を中心に流行状態となっているが、同州での小頭症児の死亡確認は初めてだ。 同州保健局によると、11日と16日にレシフェとその近郊のロウ […]
  • 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態2017年7月28日 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態  チクングニア熱への注目度は黄熱病患者急増で落ちていたが、6月24日(第25週)までの統計では7州で患者が増えており、保健省が警告を発したと27日付現地紙サイトが報じた。チクングニア熱は、デング熱やジカ熱と同様、ネッタイシマカが媒介する。  6月24日現在の全国の患者数は昨年 […]
  • ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に2016年7月20日 ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に  保健省が発表した統計によると、今年に入ってから6月11日までに発生したジカ熱患者は16万5932人、デング熱患者は134万5286人、チクングニア熱患者は13万7808人に上ると18日付G1サイトが報じた。 ジカ熱患者は、前回発表からの2週間の間に1691人増えている。ジカ熱 […]