ホーム | W杯 関連記事

W杯 関連記事

東西南北

 依然として食肉不正問題で揺れているブラジルでは今や、テレビやラジオをつけていても常に関連会社の謝罪もしくは釈明CMが流れている。22日付のサンパウロ州の2大新聞、エスタード紙、フォーリャ紙は共に、経済面で全く同じ内容の1頁の大型広告を出した。それは疑惑の大手企業JBS社によるもので、精肉現場の作業着を着た作業員が男女1人ずつ正 ...

続きを読む »

ブラジルU17南米選手権優勝=決勝リーグ4勝1分17得点2失点と圧巻の成績=10月インド開催のU17W杯出場決定

 2月23日から3月19日まで、チリで行われていたサッカーのU17南米選手権で、ブラジル代表が圧倒的な強さを発揮し、優勝を飾った。  ブラジルはグループリーグ予選をトップ通過した後、6チームによる決勝リーグに進み、その5試合を4勝1分、しかも5試合総合で17得点を奪うという並外れた攻撃力を発揮した。  決勝リーグ初戦のパラグアイ ...

続きを読む »

サッカーU17南米予選=ブラジルが快調に首位=怪物ヴィニシウス・ジュニオール大活躍

 現在、チリで開催中のサッカーのU17W杯南米予選で、ブラジル代表は決勝リーグの3試合目(全5試合)の時点で勝ち点7を獲得し、首位を快走している。  2月のU20W杯の南米予選は、土壇場で追いつかれる試合を3試合も行った結果、代表行きを逃していたが、その代表より3歳若いU17世代は絶好調。決勝リーグ初戦のパラグアイ戦こそ引き分け ...

続きを読む »

《サッカー》ロシア代表に招集されたブラジル人=「ブラジル代表の競争は桁違い」と、ロシア代表としてのW杯出場に含み見せる

 3月24日と28日に親善試合を行うサッカーロシア代表メンバーに、同国のCSKAモスクワでプレーするブラジル人選手、マリオ・フェルナンデスが招集された。  ロシアは来年のW杯の開催国で、ロシア代表に選ばれると、欧州予選なしでW杯出場も可能になる。最近では、マリオ・フェルナンデスの他に、ロコモティフ・モスクワでプレーするゴールキー ...

続きを読む »

バルセロナ大逆転劇=またも歴史的惨敗の当事者となったチアゴ・シウヴァ=ネイマールがヒーローとなる裏で

8日の試合後のネイマール(右)とチアゴ・シウヴァ(中央)(C. Gavelle/PSG)

 8日の欧州チャンピオンズ・リーグで、同リーグ史上最大の大逆転劇となったバルセロナ対PSG戦。ネイマールはこの試合で試合終了間際の3得点を演出し、一躍ヒーローとなったが、その一方で、敗戦側のPSGには、全く対照的な悲劇のプレイヤーが生まれることにもなってしまった。  そのプレイヤーの名はチアゴ・シウヴァ。奇しくもネイマールとは、 ...

続きを読む »

《ブラジル》サッカー=ポルトガルに隠れていた逸材台頭=北東部出身26歳のチキーニョ

 「ネイマールに続くストライカーがほしい」は、14年のW杯の前からブラジル・サッカー界でいわれ続けていることだが、ポルトガル・リーグから突如新星が現れつつある。  最近でこそ、19歳のガブリエル・ジェズス(マンチェスター・シティ)をはじめ、フィルミーノ(リバプール)やルーカス(PSG)といった、得点王でこそないものの、得点の見込 ...

続きを読む »

伯国から大量コーチ招聘検討=日中友好サッカー連盟

左から納谷理事長代理、斉専務理事

 日中友好サッカー連盟の納谷宣雄理事長代理と、中国人で同連盟専務理事の斉文道さんは、中国に急増する「サッカー学校」の指導者を探すと同時に、伯国サッカー事情を調査するため来伯、1日に来社した。  サッカー好きとして知られる習近平国家主席は国家プロジェクト「中国サッカー改革の総合プラン」で、2025年までに全国に5万校の「サッカー学 ...

続きを読む »

《ブラジル》3月のW杯南米予選の代表発表=故障者以外はほぼ変わらず

3日、代表発表記者会見でのチッチ監督(CBF)

 3日、ブラジル・サッカー連盟は、23日と28日に行われるワールドカップ南米予選第11節の対ウルグアイ戦と、第12節の対パラグアイ戦に出場する代表チーム(セレソン)23選手の発表を行った。  出場選手は以下の通りだ。  〈キーパー〉アリソン(ASローマ)、ウェーヴェルトン(アトレチコ・パラナエンセ)、エーデルソン(ベンフィカ) ...

続きを読む »

東西南北

 前代未聞の、2夜連続での事故が発生。楽しむどころではなくなってしまったリオ・デ・ジャネイロ市サプカイでのスペシャル・グループのパレード。さすがに世界的に有名なイベントだけに、この事故はすぐに世界に向けて打電され、米国のニューヨーク・タイムスやイギリスのデイリー・メール、アルゼンチンのラ・ナシオンなどで報じられた。リオと言えば、 ...

続きを読む »

コリンチャンス対パルメイラスの伝統の一戦から100年=サンパウロの新聞で一大記念特集

コリンチャンス対パルメイラス―伝統の一戦から100年を伝える、フォーリャ紙(8頁)の特集記事  編集部撮影

 サッカーの世界では、同じ市(もしくは州、県)にあるチーム同士の対戦を「ダービー」、伯国では「クラシコ」と呼ぶ。このたび、伯国最大のクラシコが、めでたく100周年を迎えた。  2月21日、聖市に本社を置く新聞フォーリャ紙は、同市の人気チーム、コリンチャンスとパルメイラスのクラシコが100周年をむかえたことを、6ページもの特別紙面 ...

続きを読む »