ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジョアン・ドリア・サンパウロ州知事は1日昼、同州ではコパ・アメリカでのスタジアム使用を認めないと発表した。同知事はブラジルで同杯開催と発表された5月31日には、「他の選手権同様に」として開催容認の発言を行っていた。だが、側近たちがすぐに考えを改めるように促した、との報道が行われていた。元が企業家のドリア氏だけに、コパ・アメリカ開催による商業効果を考えたのだろうが、関係者の移動の必要や、無観客試合であっても熱狂的なサッカーファンが他国から入り込む可能性が否定できないことが計算になかったか。サンパウロ州などが協力を拒む中、ボルソナロ大統領は1日に、連邦直轄区とリオ州、マット・グロッソ・ド・スル州、ゴイアス州で開催と発表したが、果たしてどうなるか。
     ◎
 コパ・アメリカは、1930年に第1回目が開催されたW杯よりも歴史が古く、1916年開催の由緒ある歴史を持った大会だ。だが、ブラジルが主催年だった1918年に、当時大流行していたスペイン風邪で大会が延期された経緯がある。現在、ブラジル・メディアはそのことを例にあげ、改めて当地開催に疑問を投げかけている。スペイン風邪もコロナもいずれも歴史に残る大規模な流行病であり、中止になったとしても何ら不思議はないが、それでも強行されるのか。
     ◎
 コパ・アメリカが騒ぎとなっているかたわら、コパ・ブラジルの予選第3ラウンドの試合が1日に行われ、レギュラー温存を図ったサンパウロが4・デ・ジューリョに2―3で敗れる波乱があった。相手はピアウイ州選手権覇者とはいえ、全国選手権未登録の無名チームゆえ、屈辱の敗戦だ。2試合制なので8日にもう1試合同カードがあるが、挽回したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言2021年6月4日 《ブラジル》鍋叩きの中、大統領がテレビ演説=「年内に全員接種」約束=外出規制批判は変わらず=GDPの4%超えも宣言  ボルソナロ大統領は2日午後8時30分に、テレビとラジオを通じて演説放送を行った。国民からの強い反発が沸き起こる中、大統領は全国民へのコロナワクチンの接種を約束したが、同時にコロナ対策での社会的隔離をこれまで通りに批判した。また、2021年の国内総生産(GDP)があがる […]
  • 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判2021年6月2日 《ブラジル》コパ・アメリカに会場提供拒否する州も=レナン上議「死の選手権」と批判  5月31日に急きょ、ブラジルで開催とアナウンスされたサッカーのコパ・アメリカに対し、一部の州が「自分たちの州では開催させない」と強く反発している。5月31日、6月1日付現地紙、サイトが報じている。  コパ・アメリカは通常、国内のいくつかの都市にまたがって開催されるが […]
  • 東西南北2021年2月13日 東西南北  15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]