ホーム | 日系社会ニュース | イグアスー移住地造成時=〝縁の下の力持ち〟

イグアスー移住地造成時=〝縁の下の力持ち〟

1月9日(木)

「パラグアイのイグアスー移住地の草創期、私の仕事は炊事一切をまかなうことでした」と述懐する中山ツマさん(七六)は、一九二六年、長崎県五島列島の生まれだ。現在、孫たちに囲まれて同移住地で元気で暮らしている。
 移住地の事務的手続きが完了して、移住振興株式会社の職員三人が現地に入ったのが一九六〇年十月十日、すぐに事務所や宿泊所の建設が始まり、十一月下旬に完成した。そして、十二月一日、アスンシオンで移住振興会社の職員だったツマさんが、現地事務所で働く人たちの食事を作るためにイグアスーに派遣された。移住地に入った初めての日本人女性となったのである。
 十三歳の時に両親に連れられてラコルメナ移住地に来たので、パラグァイに住んで六十三年余となる。イグアスーに派遣された当時はすでに子供がいたので、子供をアスンシオンの叔父に預けての赴任となった。
 初期の移住地は、原始林の中で泥んこ道、雨が降ると車が通れない場所であった。煮炊きも薪を燃やすか、石油コンロであった。「早朝から、次の日の準備をして夜遅く寝るまでまったく休みがなかったですね。それが、ちっとも苦にはならなかった。若かったんですね」と言う。
 今、移住地を縦横に通る道路は中山さんが男たちに提供した食事(エネルギー)が原動力となって完成されていったのであろう。まだうら若き一人の女性の奮闘があったのだ。
 八人の子宝にも恵まれて、孫十三人、ひ孫三人のおばあちゃんとなっているツマさんの長生きの秘訣は「一生懸命に生きることの連続」だという。
 そして「イグアスーはとても良い移住地ですよ」と微笑む。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」2021年5月5日 《ブラジル》女性売買の国際グループ摘発=「俺の保証書付の品だけ送る」  サンパウロ州ソロカバ市の連邦警察が4月27日、世界各国にブラジル人女性を送り出していた国際的な人身売買グループ「ハーレムBR」を摘発し、国内外9カ所で家宅捜索を実施、メンバー6人を逮捕したと4月27日、5月1日付G1サイト、4月27日付国営通信アジェンシア・ブラジルな […]
  • コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年2020年12月29日 コロニア10大ニュース=全停止した日系社会の活動=コロナに振り回された異例の年  2月25日にブラジルで最初の新型コロナ患者が確認され、3月17日に最初の死亡が確認され、ブラジル社会の緊迫度が一気に上がった。同21日にジョアン・ドリアサンパウロ州知事が緊急記者会見を開いて非常事態宣言をし、24日から「2週間のクアレンテナ」(外出自粛)を行うと発表した。4~ […]
  • コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民2020年12月10日 コロナに負けず料理店開店=七転び八起きのレバノン移民  「この店のエスフィッハの味はシリア本国と同じです」。今年8月にオープンしたレバノン人移民のフセイン・アリナリさん(54、タイベ生まれ)がひらいたアラブ料理店『エスフィッハ・タイバット』(Rua Triassú, […]
  • 訃報=元北海道日伯協会専務理事 島崎充也さん2020年11月18日 訃報=元北海道日伯協会専務理事 島崎充也さん  パラグアイ国イグアス移住地にある拓恩寺の島崎充也住職が、11日20時頃に同寺内で急性心不全のために亡くなった。行年77歳。13日に同寺内で葬儀、告別式を行い同移住地の墓地に埋葬された。物心両面で日本と南米の懸け橋となった生涯だった。  島崎さんは1943年3月10日 […]
  • らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?2020年6月3日 らぷらた報知=旱魃で干上がるイグアスの滝=水流緊急事態、森林破壊が原因?  【らぷらた報知5月21日号】アルゼンチンメルコスール議会は、アマゾンを始め、パラナ川、イグアス川、ウルグアイ川、パラグアイ川の「水と環境の非常事態」を宣言するよう地域ブロックの国々に要請した。  これはパラグアイとアマゾン周辺地域の森林破壊によりおこるもので、現在行 […]