ホーム | 日系社会ニュース | 奥が深い楽器、パンデイロ=日本の奏者の第一人者=安井さん〝駐伯〟中=マッシャードさんとCD『FtoG』発表へ

奥が深い楽器、パンデイロ=日本の奏者の第一人者=安井さん〝駐伯〟中=マッシャードさんとCD『FtoG』発表へ

1月16日(木)

 街角のバールやフェスタでは、輪になって太鼓やカヴァキーニョを手に、楽しそうに歌をうたっている若者たちをよく見る。あの中には必ずといって良いほどパンデイロ(タンバリン)がある。ブラジル大衆音楽には欠かせない楽器だ。
 日本では子どものオモチャのように思われているパンデイロだが、安井さんが叩き始めると、そのイメージは一変する。かすかに響く大太鼓、ハイハットが刻む細かい十六分音符、アクセントの利いたスネアドラムの連打――。それら全てが、シンプルなその打楽器から独特のハーモニーを持ってたたき出される。とても、二本の手だけで叩いているとは思えない。
 日本のパンデイロ奏者の第一人者、安井源之新さんは「多彩さがこの楽器の魅力。この楽器はまだまだ発展途上です。新しい演奏法の可能性はまだまだある」という。スタジオ・ミュージシャンとして録音に参加したCDは約三百枚。小曾根真、松本英彦、スティーブ・ガッド、アンソニー・ジャクソンら世界的に有名なミュージシャンとも共演している。
 「なんて美しい言葉!」「このリズムはどうやったら出るんだろう?」。中学生のときにジョアン・ジルベルトとセルジオ・メンデスに惹かれて、ブラジル音楽に傾倒した。だから上智大学のポ語学科に進学し、八一年に派遣留学生として一年間ブラジルに滞在したこともある。
 ここ数年で何度か〃パンデイロの王様〃マルコス・スザノが訪日公演し、ワークショップをやっている関係で、徐々に認知度は上がっているが、安井さんの学生時代は「日本でブラジルのリズムの情報はまともに入っていなかった。東京のライブハウスで演奏するブラジル人を見ながら〃ぬすんだ〃」そう。
 学生時代からプロとして活動し現在は約二十年の音楽家歴をもつ。九九年からはブラジルに駐在しながら、アーティストとしても活動を行っている。
 昨年七月には、フルート、サックス奏者として世界的に有名な中川昌巳さん、ブラジル人マルチ・ミュージシャンのフィロー・マッシャードさんと、学生時代からの憧れであったブラジルでのコンサートを開いた。
 来月初旬にはそのマッシャ―ドさんと二人で、アイディアを出し合いながらつくったCDを、日伯両方で発表する。タイトルは「F to G」。スタンダード・ナンバーとマッシャードさんの曲を中心に全十四曲を収録している。国内では「ネットレコード社」から、日本では「中南米音楽社」と通じて主要CD店で取り扱われる。
 また、安井さんから直接パインデイロを習いたい人には、ブンバ出版社(パウリスタ大通り八〇七番 十六階一六一五号室=問い合わせ電話3141・3031)で、毎週月曜日午後七時半から講習会があり、一回十レアルで誰でも参加できる。なお新CDも同出版社で入手可能とのこと。
 「何でも飲み込んで消化してしまう多様性、懐の広さがブラジル音楽の魅力です」。三百種類もの打楽器を操るという安井さんは熱く語る。簡単そうにみえて、実は奥の深いパンデイロ。叩いてみたら、別のブラジルが見えてくるかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩2020年2月20日 ボサノーヴァは誰が作ったの?=稀代の奇人ジョアン・ジルベルトか=サンパウロ市在住  坂尾 英矩 ボサノーヴァ創世記に飲み歩いた音楽仲間たち  ブラジルの有名な奇人ミュージシャン、ジョアン・ジルベルトが昨年7月6日88歳で他界したニュースは、世界中の多くのマスコミで「ボサノーヴァの創始者」として大きく扱われました。中には「ブラジル音楽を改新して世界へ広めた功績 […]
  • トレンディ=細川さんカーニバル講習会=「歓声浴びてスター気分で中毒に」2020年1月28日 トレンディ=細川さんカーニバル講習会=「歓声浴びてスター気分で中毒に」  旅行会社トレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は、サンパウロ市カーニバルに出場できる同社旅行プラン「2020カーニバル出場ツアー」の一環で、サンパウロ人文科学研究所の細川多美子常任理事を講師に招き、カーニバルやサンバに関する講習会を15日午前、サンパウロ市の『ブンバ […]
  • ■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?2017年8月31日 ■ひとマチ点描■一緒にパゴッジをやりませんか?  「一緒にパゴッジをやりませんか?」―有田清さん(71、神奈川県)=サンパウロ市在住=が来社し、そう呼びかけた。  有田さんはこの2年半ほど、セントロで開催されるパゴッジの路上演奏会にほぼ毎週参加している。「すごいレベルが高い。ブラジル音楽が好きにはたまらないと思う。 […]
  • カポエイラに興じる人々(Adenilson Nunes/Secom)2014年11月28日 カポエイラ=奴隷が生んだ格闘技=ユネスコが文化遺産に認定  ブラジル北東部バイーア州やペルナンブコ州などに起源を持ち、奴隷制に抵抗するアフリカ系ブラジル人達が発展させた〃ローダ・デ・カポエイラ〃がユネスコの人類無形文化遺産に認定されたと26日付伯字サイト、27日付エスタード紙が報じている。 〃ローダ・デ・カポエイラ〃は蹴り技を主体 […]
  • ミウチーニョが死去=〃リズムの師匠〃と呼ばれたサンバ歌手2014年9月10日 ミウチーニョが死去=〃リズムの師匠〃と呼ばれたサンバ歌手  シコ・ブアルキやゼッカ・パゴジーニョといったブラジルを代表する歌手に影響を与えたサンバ歌手のミウチーニョが7日、入院先のリオの病院で呼吸不全のために亡くなった。86歳だった。 1928年にリオで生まれたミウチーニョの本名は、ミウトン・サントス・デ・アウメイダだ。幼い頃から […]