ホーム | 日系社会ニュース | 福島県人会新会長に小島氏=母県との関係修復に務める=現金盗難、役員の責任問わず=定期総会すんなり終了

福島県人会新会長に小島氏=母県との関係修復に務める=現金盗難、役員の責任問わず=定期総会すんなり終了

1月30日(木)

 福島県人会(桜井仁会長)は二十六日午前十時三十分から、サンパウロ市リベルダーデ区の同県人会会館で定期総会を開いた。桜井会長が、昨年十月に空き巣に入られた件の責任をとって辞任、小島友四郎第一副会長(六九)が新会長に選出された。二世から一世へと、世代は逆行するが、小島新会長のもとで母県との関係修復を図る。十二万レアル相当の損失補填をめぐって、総会は紛糾すると見られていた。杞憂に終わり、会計報告などはすんなり、通過した。
 総会は、報道関係の取材を拒否、張り詰めた空気の中、進められた。
 冒頭、桜井会長が約一時間にわたって、あいさつ。初めての二世会長として、二期四年間務めたことなどを振り返った。空き巣事件に触れて辞意を表明、後任には小島友四郎第一副会長の名が挙がっている旨を伝えた。
 その後、事業報告、会計報告が行われた。多額の盗難被害を被ったことについて、桜井会長、小林会計が出席者に、「申し訳なかった」と、陳謝した。
 この件に対して、会員は既に、納得済みで、質問はひとつも出なかった。議題は次々に可決された。
 会長、副会長選挙では、桜井会長が引責辞任の形となって、候補者名簿からはずれた。代わって、小島第一副会長が会長に推薦され満場一致で、承認された。
 小島新会長は、モジ・ダス・クルーゼス市在住。モジ中央日本人会長や日本語モデル校運営委員長などを歴任した。
 会長就任に当たって、「県庁との交渉は一世の方が通じる」と、母県との関係修復に努める。また、青年部の充実を図り、会の将来を担う人材を育成する。
 総会を前に、小林会計個人に、レアルでの被害七千レアルを弁償させるべきとの意見も出た。定款では、会の名において発生した損失に対して、役員個人は責任を負わないことになっている。
 小島会長は、「小林会計には続行してもらうことになるだろう」と、語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]