ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

 エイズウイルス(HIV)はやはり怖い。この現代の死病が発見されたのはニューヨークであり一九八一年であった。当初は治療薬も簡単に開発されるだろうの楽観論が支配的ながら未だに完璧な薬剤はない。以後、ほぼ二千万人の患者が死亡し昨年度の感染者と患者数は四千万人と聞けば、この病気の猛威をきちんと知るべきだ▼しかも、エイズの病魔はサハラ以南のアフリカなどに浸透しはじめ悲惨な地獄図を描いている。一昨年の統計だと、HIVの新感染者は世界で五百万人。死者は約三百万人にも達している。こんな恐怖の病なのに日本人の対応の仕方には首を傾げざるをえない。感染者や患者の数から見れば、列島は確かにエイズ小国ではある。が、徐々に増えているの現実にも目を向ける必要がある▼もっといけないのは、国民の多数がHIVに対して無関心な向きが多いことだろう。好例を妊婦の抗体検査への取り組み姿勢に見る。この病気は母が子を出産するときに感染する比率が高い。ところが母子感染の九〇%以上が妊娠中の抗体検査を受けていなく、予防策も取っていなかった。さらに良くないのは、各県によって検査の実施率に雲泥の差があることだ▼山梨県は一〇〇%の実施ながら最も低い佐賀県だと〇・一%に過ぎない。この地域差を解消すべきは論を待つまい。例え結果が陽性でも抗ウイルス薬で予防は可能だし感染は二%程度に抑えられる。ここは─HIV感染の全妊婦に検査をが筋だろう。    (遯)

03/03/06

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(21)2016年7月1日 日本移民108周年記念=囚人の署名 平リカルド著 (翻訳)栗原章子=(21) 第7章  原爆投下の知らせ 第二次大戦が激化し、ブラジルの陸軍や空軍の兵士がヨーロッパ前線に送られることになった。またブラジル政府は枢軸国に属する囚人たちをリオ州、イーリャ・グランデの島にある拘置所に移した。そのころ、リオ州はブラジルの首都であった。このような状況のなか、日本人 […]
  • 《サンパウロ州》インフル予防接種全員に拡大=希望者は最寄り保健所で2020年7月2日 《サンパウロ州》インフル予防接種全員に拡大=希望者は最寄り保健所で  サンパウロ州政府は3月からインフルエンザ予防接種を始めていたが、今月から対象が全員に拡大したので、誰でも接種できるようになった。  希望者は最寄りのポスト・デ・サウージ(保健所)で在庫が無くなるまで受けられる。期間は7月24日まで。  これは新型コロナとは関係がない。ただ […]
  • 優美・喜楽初公演=「日本の舞台みたい」と賞賛=文協大講堂が超満員に2013年1月25日 優美・喜楽初公演=「日本の舞台みたい」と賞賛=文協大講堂が超満員に ニッケイ新聞 2013年1月25日付け  ジャパニーズダンス・カンパニー「優美」と太鼓集団「喜楽」の初めてとなる合同ショーがサンパウロ市の文協大講堂で開かれ、満員となる約1200人が会場に駆けつけた。 […]
  • 在聖管内で百寿32人表彰=「並々ならぬ百年の道のり」=公邸で9人が矍鑠と出席2018年12月20日 在聖管内で百寿32人表彰=「並々ならぬ百年の道のり」=公邸で9人が矍鑠と出席  「平成30年度百歳以上高齢者表彰」が18日、在聖総領事公邸で行われた。今年度中に百歳になる見込みで、かつ、存命の日本人3万2241人のうち、在外邦人は70人。在聖総領事館管内からはその半数近くを占める32人が表彰された。伝達式には本人9人が出席し、家族らと共に紀寿を祝 […]
  • 基本金利13・75%に=失業率上昇中も引き上げ2015年6月6日 基本金利13・75%に=失業率上昇中も引き上げ  中銀の通貨政策委員会(Copom)が3日、経済経済基本金利(Selic)を0・50%ポイント引き上げ、年13・75%としたと4日付伯字紙が報じた。 今回の引き上げ幅は市場関係者も既に予測していた。基本金利の引き上げは、現在は年8%を超えているインフレ率を16年末には政府目 […]