ホーム | 日系社会ニュース | 小田さん和太鼓指導=ばつ握るマリンガの子供

小田さん和太鼓指導=ばつ握るマリンガの子供

3月12日(水)

 JICAシニアボランティアの小田幸久さんがこのほど、マリンガ文協サロンで和太鼓の指導をした。十三から十五歳の子どもたちを中心に約三十人が講習を受けた。子どもたちにとって和太鼓の本格的な練習は初めてとあって、みんな真剣なまなざしで太鼓のばちを握っていた。
 小田講師は、和太鼓の基本は心、和、礼であると強調した。「打つ人の心が音に表れる。仲間の和を大切にする。礼儀に始まり、礼儀に終わる」のが和太鼓だと話した。二日間の練習でかなり複雑な曲も打てるようになり、マリンガの子どもの上達の早さに小田講師は感心していた。小田講師は毎月一回和太鼓の講習会を開き、これを一年間続ける。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 飲酒運転が45%減少=法規制の厳格化で効果2014年10月7日 飲酒運転が45%減少=法規制の厳格化で効果  保健省が3日、飲酒運転禁止法改正に伴い、2007年~13年に大量の酒を飲んでから運転する例は45%減ったと発表したと4日付エスタード紙が報じた。 サンパウロ総合大学とミナス・ジェライス連邦大学の研究者が全国の州都で行った電話での聞き取り調査によると、男性で5杯、女性で4杯 […]
  • この日曜日には大型荷物の搬出作業も行われた2014年4月15日 鹿児島県人会=会館を200万レで売却決定!=移転先はリベルダーデに ニッケイ新聞 2014年4月15日  5年来の懸案の会館売却問題に終止符――鹿児島県人会(園田昭憲会長)は、サンパウロ市の高級住宅街パカエンブー区にある約35年間も活動拠点にしてきた会館の売買契約をようやく成立させた。  売却額は200万レ。園田会長によれば、医療関係の企業が […]
  • コラム オーリャ!2011年10月18日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2011年10月18日付け  先日開かれた野村アウレリオサンパウロ市議が率いる東洋街美化運動の公聴会には、台湾系の代表は参加していたが、中国系の人が来ていなかった。 […]
  • 《ブラジル》コロナ検査材多くが保健省で死蔵=綿棒や反応薬不足などで=感染者は400万人超えたが2020年9月5日 《ブラジル》コロナ検査材多くが保健省で死蔵=綿棒や反応薬不足などで=感染者は400万人超えたが  国内の新型コロナウイルス感染者が400万人を超える中、保健省が購入し、手許に届いた検査キットの過半数は死蔵在庫となっていると4日付現地紙が報じた。  3日現在のデータによると、同省が購入したPCR検査は2290万セットで、内1589万セットが既に手許に届いている。残 […]
  • ■たずねびと■関藤一家を知りませんか?2011年11月26日 ■たずねびと■関藤一家を知りませんか? ニッケイ新聞 2011年11月26日付け  クリチーバ市在住の東山輝雄さん(88、岡山)が、1930年6月にぶえのすあいれす丸で共に来伯した叔父の関藤一夫さんと連絡が途絶えた。本人もしくは親族を探している。 […]