ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市長、53%も昇給=州議がアップし自動調整

サンパウロ市長、53%も昇給=州議がアップし自動調整

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 外交120周年で経済セミナー=日伯経営者が意見を交換=レヴィ財相の書面も代読2015年9月11日 外交120周年で経済セミナー=日伯経営者が意見を交換=レヴィ財相の書面も代読  外交120周年を記念した『日伯経済セミナー』がブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)、日本経済新聞社、サンパウロ州工業連盟(FIESP)の3団体主催で2日昼、同連盟貴賓室で行われた。国際協力銀行(JBIC)副総裁・矢島浩一氏の講演や各業界の経営者を招いたパネルディスカッション […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=282015年2月5日 パナマを越えて=本間剛夫=28 流離 = 第一部       1  今日も回診の時刻になると、例の如く敵の偵察機がやってきた。いつも午前と午後、殆ど同時刻に現れるので我々は定期便と呼んでいた。敵は抵抗力を失っていると甘く見ているからに違いなかった。 ブリキの薄金を叩くようなキンキンと頭の芯に響く偵察機が […]
  • イビウーナ文協=家族慰安運動会2005年6月21日 イビウーナ文協=家族慰安運動会 6月21日(火)  イビウーナ文協(増岡豊会長)は、七月十日午前八時から、同会運動場で、恒例の会員慰安運動会を催す。 […]
  • カザロン・ド・シャー=学術模型制作の米田さん来伯=7日に見学会と紙模型作り2010年7月31日 カザロン・ド・シャー=学術模型制作の米田さん来伯=7日に見学会と紙模型作り ニッケイ新聞 2010年7月31日付け  連邦政府、サンパウロ州により文化財に指定され、現在修復が進むモジ市コクエラ区のカザロン・ド・シャー(お茶屋敷、住所=Estr. do Nagao, km […]
  • 「自分の死亡診断」を聞く可能性2014年12月12日 「自分の死亡診断」を聞く可能性  戦後移民の代表格コチア青年の平均年齢も今では79歳――身近な人の死に目に会う機会は少なくない。週刊新潮11月27日号の「臨終読本」5頁特集で、いまわの際に家族が後悔しないよう専門医の提言が掲載された▼いわく《終末期の患者さんも、反応ができないだけで耳は聞こえている可能性が […]