ホーム | 日系社会ニュース | リオ商議所新役員を選出

リオ商議所新役員を選出

3月27日(木)

 リオ・デ・ジャネイロ日本商工会議所は十三日、定期総会を開き、理事十五人、監査役二人を選出した。任期は四月一日から二〇〇五年三月まで。
 会頭=山本正樹(三菱商事)、筆頭副会頭=八十住勲(三井物産)、副会頭=山本哲男(川崎製鉄)、副会頭=今井邦雄(日商岩井)、専務理事=原和久(伊藤忠)、会計理事=橋田敏裕(三菱電機)、理事=出羽孝史(ツニブラ)、津野益雄(日本無線)、村中敏則(住友商事)、西山洋平(国際協力銀行)、田口穣(東洋エンジニアリング)、小寺勇輝(三井物産)、田中利幸(石川島播磨)、渡部祐(東京三菱銀行)、真嶋紀明(丸紅)、監査役=前田武(日本アマゾンアルミ)、鈴木栄吉(NTTドコモ)。

image_print

こちらの記事もどうぞ