ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | サンパウロ市の貧民街と国際空港で麻薬押収

サンパウロ市の貧民街と国際空港で麻薬押収

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 修正多い税制・年金改革=与党提案が半分以上2003年7月8日 修正多い税制・年金改革=与党提案が半分以上 7月8日(火)  【エスタード・デ・サンパウロ紙七日】税制・年金改革原案に対する九百十九の修正案のうち、半分以上が与党側から提出されたもので、政府原案を深く掘り下げている。 […]
  • 谷氏=裁判取り下げへ2005年5月4日 谷氏=裁判取り下げへ 5月4日(水)  三日午後二時までに入った谷陣営関係筋の話によると、谷広海氏は裁判を取り下げる方向で調整に入った。三日晩、支援者ら四十人以上がサンパウロ市内に集まり、反省・残念会を行った。 […]
  • 東西南北2004年2月4日 東西南北 2月4日(水) […]
  • 囲碁国際交流会が来伯=日本棋院南米本部と交流2012年12月12日 囲碁国際交流会が来伯=日本棋院南米本部と交流 ニッケイ新聞 2012年12月12日付け  「NPO囲碁国際交流会」一行19人を迎えた『歓迎囲碁大会』が先月10、11日の2日間、サンパウロ市の日本棋院南米本部で開催された。 […]
  • 移民史の基礎文献をポ語訳する意義2016年2月16日 移民史の基礎文献をポ語訳する意義  大学時代に担当教官に良く言われたのは、「専門家と云われるためには、最低100冊の関係書籍を読め」という言葉だった。当地で「日本移民史の研究者がいない」との嘆きを聞くたびに思うのは、「ポ語訳された日本移民史の基礎文献が100冊あるのか?」という疑問だった。文献がなければ、研究者 […]