ホーム | 日系社会ニュース | 講演会「心臓病の要因」=会議所でナキリ医師 ストレス、喫煙など

講演会「心臓病の要因」=会議所でナキリ医師 ストレス、喫煙など

6月17日(火)

 ブラジル日本商工会議所(田中信会頭)主催の定例昼食会が十三日正午から、聖市内のホテルで開かれた。ケンジ・ナキリ・サンタクルース病院心臓外科部長が「心臓病のリスク要因」をテーマに講演。心筋梗塞に罹患する人がブラジルで増加しており、病気の予防を心掛けることが大切だなどと、アドバイスした。
 ナキリ部長によると、心臓病で死ぬ割合はアフリカなど発展途上国では低い。アメリカ、ヨーロッパといった先進国になると、死因の上位を占める。
 ブラジルは、データーがないため、正確な統計は発表されていない。だが、「患者数は着実に伸びている」。
 特に、女性に危険が高まりつつある。家事や仕事でストレスがかかっているためだ、とナキリ部長は指摘する。
 高血圧は三倍、喫煙は一・六倍、ストレスは四倍、これら三要素を持たない人に対してリスクが大きい。三要素全てで十六倍にリスクは増大する。
 心筋梗塞は主に、動脈硬化によって引き起こされる。動脈の内側は年齢とともに、厚くなって弾力性が失われる。
 そこに、脂肪が沈着するとその部分は黄色く盛り上がってくる。これが進行してその中央がくずれどろどろした感じになり、コレステロール、カルシウム、脂肪酸などが沈着して固くなる。
 このようになった動脈は自然に、元に戻ることはない。風船を血管に入れて、膨らませるなどの手術を行わなければならない。
 動脈硬化になると、心臓が苦しくなったり疲れやすくなるなどの症状が表れる。「自覚症状のない人も三〇%ほどいる」。
 原因は高血圧、喫煙、ストレス、糖尿病、肥満、運動不足など。動脈硬化の進行を止めることは出来ないが、進行を遅らせることは可能だ。
 適度な運動が最善の予防策。「週に最低三、四日、四キロを五十分くらいで歩くこと」が望ましい。飲酒は適量なら許される。赤ワインはコレステロールを下げる効果がある。

image_print