ホーム | 日系社会ニュース | 亜国に日系作家が誕生=メキシコで新人賞受賞

亜国に日系作家が誕生=メキシコで新人賞受賞

8月1日(金)

 『ガイジン』といえば、ブラジルでは山崎千津薫監督の映画を思い浮かべるが、アルゼンチン日系社会にも新しい『ガイジン』が生まれた。若干二十四歳のマキシミリアーノ・マタヨシ(二世)さんは、沖縄出身の父の歴史を描いた同名の著作を今年出版し、メキシコや同国で大きな反響を呼んでいる。次回作ではブラジルの日本移民史を扱う予定で、取材のために数日間、サンパウロ市に滞在した。亜国文学を担う新旗手の登場に、各方面から大きな期待が集まっている。
 昨年十一月六日、メキシコ自治大学と大手出版社アルファガーラが共催する、中南米スペイン語圏諸国の新人作家の登竜門ともいわれるプレミオ・プリメーラ・ノヴェーラ(処女作賞)に、マタヨシさんの『ガイジン―アルゼンチン移住の冒険』が選ばれた。
 同作品は、亜国生化学の草分けの一人として有名な父・テツジの移住史を描きながらも、二世である自分自身のアイデンティティに焦点を当てた、史実に忠実なフィクション。
中南米文化事情に詳しいアルゼンチン大使館文化センターの石川輝行書記官も「移住者自身が書いた従来の著作は過去に焦点が向きがちだったが、この作品は自分の内面を掘り下げることにより、現在を描いている点で画期的であり、アルゼンチンでも高い評価を得ています」と太鼓判を押す。
 マタヨシさんは「いつか父の話を書きたいと思っていました。父は無口であまり自分のことは語らないのですが、小さい時からポツリ、ポツリと語ってくれたことを書き留めていたので、それを少し自分なりに解釈し、まとめてみました」という。特に第一章、第二章の沖縄から移住するくだりは、史実に基づきながらも、印象的な寓話となっている。
メキシコで二月に、アルゼンチンでは四月に、出版されて話題を呼んでおり、初版から七千部発行された。
 また、八月十八月には首都ブエノスアイレスのホテル・エンペラドールで、ガリシア地方出身の母の移住史を描いた処女作『ママ』(母)で話題になっている、亜国主要紙ナシオンのホルヘ・フェルナンデス・ジアス編集次長(スペイン系二世)と共にシンポジウムを開催する予定。
 日本大使館、スペイン大使館が共催し、沖縄連合会とガリシア協会が後援するという、興味深い多文化交錯シンポジウムだ。
 次回作ではブラジルの日本移民史を扱う予定で、取材のために二十九日から三十一日までサンパウロ市に滞在し、日本移民史料館や国際交流基金で文献を集めた。「アルゼンチンにはなかった勝ち負け紛争、そして現在のデカセギの状況など、ブラジルには面白いテーマがいろいろあり、大変興味深いです」と語る。
 亜国日系といえば「洗濯屋」「花屋」というイメージが強かっただけに、文化・芸術方面への進出が長らく期待されていた。アルゼンチン文学を担う新旗手が誕生したことで、日系社会ばかりでなく各方面から大きな期待が集まっている。
※『Gaijin-La aventura de emigrar a la Argentina』Maximiliano Matayoshi, ALFAGUARA刊 2003スペイン語

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 宮沢和史「世界中にオキナワがある」=おきなわ祭りで初公演!=「島唄」やボサノヴァも披露2019年8月8日 宮沢和史「世界中にオキナワがある」=おきなわ祭りで初公演!=「島唄」やボサノヴァも披露  「再来年の『世界のウチナーンチュ大会』でまた会いましょう!」――アンコールに応えた宮沢和史(53、山梨県)は、そう会場に呼びかけた。今月3、4両日に沖縄県人会、沖縄文化センター、沖縄県人会ビラ・カロン支部(小波津セルジオ会長)が共催する『第17回おきなわ祭り』(上原マ […]
  • 日系人に関する不思議な統計数値2015年7月22日 日系人に関する不思議な統計数値  日系人に関する統計には時々、不思議なものが現れる。たとえば6月29日付エスタード紙の「聖市の某公立校には世界の方言がある」記事には、聖州全体の州立校の生徒400万人中、8千人が95カ国からの外国人だとある […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 村上代表の説明を聞く参加者ら2015年2月20日 CKC=モジで第2回連帯強化会議=組合間の連携強化の道探る  日本の農林水産省の「平成26年度中南米日系農業者連携交流委託事業」の一環として、中央開発コーポレーション(以下CKC、山口達郎代表、本社=東京都新宿区)が6、7の両日、サンパウロ州モジ市で「第2回連携強化会議」を行った。 当地を中心にアルゼンチン、パラグァイ、ボリビアから […]