ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ペットにしつけを=赤ちゃんを危険から守る

ペットにしつけを=赤ちゃんを危険から守る

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年9月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年9月18日付け […]
  • MST、一斉蜂起を計画=進まない農地改革にいらだつ2005年4月6日 MST、一斉蜂起を計画=進まない農地改革にいらだつ 4月6日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙四、五日】農地占拠運動(MST)は三日、特別声明書を発表し、四月と五月を対政府抗議集会の月と定めて一斉蜂起を計画していることを明らかにした。 […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=852015年5月22日 パナマを越えて=本間剛夫=85  明日から旅行会社の案内で京都、奈良を廻り、大阪から帰途にすくというエスタニスラウの言葉に戸惑った。「もっとゆっくり話す時間がないのか……」 私はアントニオとも話したかった。エスタニスラウは私という人間について、どのように説明してあるのか。ただ、ブラジル南部の海岸に近い小さ […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=532015年3月26日 パナマを越えて=本間剛夫=53  その時、ふと、かすかな水の流れのような音を聞いた。それは日本の秋の草むらに鳴く鈴虫のようなチョロチョロという音であった。じっと耳をすました。どうやらそれは蔓のカーテンの奥から聞こえてくる。カーテンの前まで戻り、耳を押しつけるようにした。やはり水の音はその中の地底から湧いて […]
  • 多羅間俊彦さん2015年7月2日 世界の反対側の貴種流離譚=多羅間俊彦=「昭和の天孫降臨」と呼ばれた男  民俗学者の折口信夫は、芸能史や国文学を研究する中で、日本における物語文学の原形として「貴種流離譚(きしゅりゅうりたん)」という概念をとなえた。本来なら王族や貴族などの血筋を持つ高い身分にあるものが、何らかの理由で捨てられたりして家を離れざるをえず、不幸な境遇や […]