ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物

刊行物

10月11日(土)

 『蜂鳥』(八月号)が発行された。巻頭「誌と俳句」(朱鳥助言抄より)、「勿忘草(十五句)」(富重かずま)、蜂鳥集(かずま選)、蜂鳥集評(富重かずま)、「雪割桜」(加藤淑子)、「桜祭」(栢野桂山)、「カルモ園花見吟行」(串間いつえ)、「珠玉の呟き」(牛尼楊子)、「食事と健康」(当真千鶴)、「終戦忌」(富重久子)、ほか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 樹海2014年6月17日 樹海  自国開催のW杯だから盛り上がっているでしょうねー。6月初旬に日本からの電話で聞かれて、「実はいま一つ盛り上がりに欠けているんです」と答えた今回のW杯。他の国でのW杯の時は1月以上前に道路が飾られ、わくわく感が漂っているのに、今回はW杯反対デモが繰り返し起き、景気も今一で火 […]
  • 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”2019年5月14日 大戦期の米国忠誠心調査はブラジルの“踏絵”  ロスの全米日系人博物館で「大戦期、強制収容所に入れられた一世の7割が忠誠心調査でNoNoだった」というガイドの話を聞き、これは「アメリカ版の踏絵だ」と痛感した。  1943年初頭にアメリカ政府の戦時転居当局が実施した、17歳以上の強制収容者に対するアメリカへの忠誠心 […]
  • 倫理の会=心に効くお金の話=新原講師迎えセミナー2009年9月15日 倫理の会=心に効くお金の話=新原講師迎えセミナー ニッケイ新聞 2009年9月15日付け […]
  • 登山「歩けば楽しい」=だるま塾恒例、20回目2006年5月12日 登山「歩けば楽しい」=だるま塾恒例、20回目 2006年5月12日(金)  「遠足ファン」には待ち遠しい一年一回のイベント。だるま塾(森脇礼之主宰)は、二十八日、第二十回「歩けば楽しい」(ピッコ・デ・ジャラグアへの二十キロ遠足)を行う。 […]
  • あすサンパウロ市制449年=偉大な足跡残したアンシエッタ師2003年1月24日 あすサンパウロ市制449年=偉大な足跡残したアンシエッタ師 1月24日(金) […]