ホーム | 日系社会ニュース | 私は帰ってやりますよ=コロニアの声正面から=海外日系人協会会長=梶原知事会会長が講演=「県連は怒り狂わなければ」

私は帰ってやりますよ=コロニアの声正面から=海外日系人協会会長=梶原知事会会長が講演=「県連は怒り狂わなければ」

10月26日(火)

全国知事会会長を務める梶原拓・岐阜県知事は海外日系人協会会長として二十五日午後二時から文協小講堂で、「日本と日系社会との関わり」をテーマに講演会を行った。日本語は日本と日系社会の共通財産として大事にしていくことが重要とし、ローカル・トゥ・ローカル(地方から地方へ)、Eラーニング(インターネットを通した学習)など、日伯交流の新しいアイデアを紹介した。熱気に満ちた講演に、約百人の聴衆は引き込まれるように聞き入り、期待を込めた盛大な拍手を送った。

 海外日系人協会会長として、全国知事会会長として、今回いろいろな話を聞いたと前置きし、「日系社会のみなさんが胸を張って活躍できるよう、日本に戻ってやるべきことがたくさんある。私は帰ってやりますよ。日本政府にいろいろ注文をつけなければならないと思っている」と三度目の来伯の成果を力強く語った。
 「日本政府は日系社会のために充分なことをしているか、はなはだ疑問に思っている。日系社会は世代交代で転換点にある。母国と日系社会の関係を、真剣に、原点に立ち戻って考えなければならない。そして、実行できるものから実行していきたい」と決意のほどを明らかにした。
 また世界三大美術館の一つ、ニューヨークのメトロポリタン美術館で二十一日から、梶原知事立会いのもとにオープンした「織部・アメリカ展―転換期の日本美術」に触れ、地方が直接外国で存在感を示す新しい発想を説いた。
 さらに情報社会、ネットワーク革命が進行する現在、日系社会との新しい関係として、「日本語を共有財産として、いかに大切にしていくか、この段階でお互いにしっかり考えていかなければ。こちら側のご希望に沿うように、私たちも最善の努力をすべき」という考え方を表明し、具体的にはインターネットを通した日本語学習、文化普及の可能性についても論じた。
 質疑応答では「かつて海外日系人協会会館をたて、海外からの日系人大会参加者へ安い宿泊施設を提供する案が何度も提案されたが、そのままになっている」「日系人大会では毎年決議がされるが、実行されることなく消えていく。前年の決議事項に、その後どのような実現努力がされたか報告があってもいい」、「日系子弟に二重国籍を与えることを考えて欲しい」などの要望も出された。
 梶原知事は「みなさんもおとなしすぎる。県人会連合会は怒り狂わなければいけない。連合会の意見として書面で出してほしい。言いたいことは、私にどんどん言ってほしい」と真正面から受け止めた。
 講演会は百周年記念祭典協会、県連、文協、ブラジル岐阜県人会の共催で行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」2018年8月4日 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」  ブラジル岐阜県人会(長屋充良(ながやみつよし会長)は「県人会創立80周年、移住105周年、岐阜県農業高校生海外実習派遣40周年記念式典」を7月29日、サンパウロ市リベルダーデ区の広島文化センターで開催した。約40人が母県から駆けつけ節目の日を祝した。今年2月に就任した […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • 大耳小耳2017年1月24日 大耳小耳  国際交流基金が日本語が学べるウェブサイト「JFにほんごeラーニング みなと」(minato-jf.jp)を昨年7月に開設した。現在ひらがな、カタカナのほかA1レベル(初心者)までのコースが公開されている。「挨拶をする」「趣味について話す」等の場面で使われる言葉を「知る」「聞く […]
  • ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も2016年10月15日 ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も  ビジネスにおける日本語学習を専門とした語学学校「ONGAESHI ビジネス日本語学校(ONGAESHI Negocios em Lingua […]